山里亮太が「涙で洗顔したくなる」。 EXITりんたろー。がさらけ出した過去

大人気芸人であるEXITのりんたろー。さん。売れるまでには、数々の挫折や苦悩があったという。その時々の内面を赤裸々に綴った自伝エッセイ『自分を大切にする練習』(講談社)が11月に発売される。

book_20221003132706.jpg

自分を見失っていたEXIT結成前のこと。芸人をやめようとした時に救ってくれた同期、先輩のこと。彗星のごとく目の前に現れた兼近大樹のこと。美容芸人と容姿いじりのこと。芸人として売れるということ。売れ続けるということ――。忙しくなればなるほど、知らず知らずのうちにメンタルが確実に削られていったというりんたろー。さん。嫉妬や焦りに駆られ、自己嫌悪にさいなまれた日々のなかで体調を崩し、心も体もボロボロに。体重は100㎏にまで増えてしまったという。

book_20221003141727.jpg

本書は、自身の内面と向き合い続けた道程を赤裸々に書き下ろした自伝エッセイとともに、「美容は心を鍛えるための最強のツールだ」と語るりんたろー。さんらしく、セルフケア32のアイデアも収録されている。

<「これは美容本なの?」と聞かれたら、YESとも、NOとも言える本ができあがりました。コンプレックスだらけで打たれ弱かった僕の七転八倒の全記録です。自分のことを後回しにしているうちに、どんどん自分がいなくなってしまう。そんな感覚に押しつぶされそうになっている、昔の僕のような方に届きますように。>(りんたろー。さんコメント)

book_20221003141819.jpg

book_20221003141833.jpg

book_20221003141855.jpg

本書を読んだ南海キャンディーズの山里亮太さんは、「そんな事があったのか?? そこまで話してくれるのか??」と驚きをあらわにしつつ、「読んでいて流れ出る涙で洗顔したくなるという初めての感情に出会えた本です」というコメントを寄せている。

本書の内容は以下の通り。

・はじめに・序章 二度売れた僕が考える、本当にやるべきこと 「容姿いじり」の葛藤/主従関係があるコンビ/芸人をやめようと思ったときに/兼近大樹という男/EXITのターニングポイント/壊れかけた体/笑いが変われば社会は変わる...など。・第1章 スキンケア 肌をていねいに扱う・第2章 ボディメイク リバウンドしない体づくり・第3章 インナーケア 自分は食べたものでできている・第4章 メイク 気持ちを底上げする・第5章 メンタルケア 「成功」だけでは幸せになれない・終章 コンプレックスだらけだった、あの頃の僕へ 優等生だった頃/一発屋上等!/人間は、外見か内面か?/自分が消えてしまわないように/作業と感情を切り分ける/「じゃないほう」じゃない/自虐の終焉 ...など。・おわりに・おまけ/美容初心者の方に贈る「自分を大切にするための練習帳」※内容は一部変更の可能性があります。

内面とともに美容の面でもポジティブなれそうな1冊。2022年11月11日発売予定。

※画像提供:講談社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?