夫の浮気現場に遭遇...思わず寝室に閉じ込めて、女の旦那を呼びだし大修羅場!<浮気中の2人を閉じ込め、女の旦那を呼び出した 1>

 夫の不倫で、幸せだった日常が一気に崩れ去る...! 私たちこれからどうなっちゃうの!?

 KADOKAWAから発売された『浮気中の2人を閉じ込め、女の旦那を呼び出した 1』(原案:サレ妻ユウナ、漫画:宇藤翼)は、夫と不倫相手の"最中"に遭遇してしまった妻・ユウナが思わず2人を寝室に閉じ込め、不倫相手の旦那を現場に呼び出すところから始まるサレ妻修羅場マンガだ。

book_20221129131139.jpg

『浮気中の2人を閉じ込め、女の旦那を呼び出した 1』(原案:サレ妻ユウナ、漫画:宇藤翼)

◼️自宅の寝室から女の喘ぎ声が...地獄の光景

 兼業主婦・朝田ユウナ。夫・タケルとは友達の紹介で出会い、結婚してもう2年。ノリがよくて話がおもしろいのに、少し不器用なところに惹かれた。

 夫婦になってからも、タケルはいつも明るくて優しい。あ~ほんと結婚してよかった! 子どもができてもタケルとなら、きっと助け合っていい家族になれるだろうな――。そう思っていた。あの日までは。

book_20221129131217.jpg

 ある日、朝から体調が悪かったユウナは、午後になって会社を早退することにした。タケルには連絡を入れなかったが、帰って寝るだけなら問題はないはず。やっとひと息つけると思って自宅の玄関ドアを開けると、そこにあったのは、明らかにユウナのものではない女物の靴だった。

 混乱して状況がのみ込めず、身体が一気に熱くなったユウナ。「...タケルって今日休みだっけ...?」「まさか浮気――...?」と、最悪の想像が頭をよぎる。タケルに限って、そんなことあるわけないよね?

 リビングに入ると、そこにはユウナが絶対に選ばないような派手な服と下着が乱雑に脱ぎ捨てられていた。そして夫婦の寝室からは「タケル」「~っ」......と、女が喘いでいるのが聞こえてくる。

book_20221129131256.jpg

 幸せなんて、こんな一瞬で簡単に崩れてしまうものだったんだ――。放心状態になったが、すぐに心を持ち直す。ここで自分が逃げるのはおかしい、自分は何も悪いことをしていないのだと、ユウナは自身を奮い立たせる。

 今はとにかく浮気の証拠を押さえなければならない。そのときとっさに思いついたのは、棚で寝室のドアを塞いで2人を閉じ込めることだった。これでしばらく時間を稼げる。逃げ出したい気持ちを抑え込み、ユウナはこれから戦うために、相手の女について調べ始める。

◼️浮気女の旦那が現場到着! ついに大修羅場へ...

 さっそくリビングで発見した女のスマホを見ると、そこにはなんと、女の結婚式らしき写真が。「この人(浮気女)結婚してるの!?」「こんなに幸せそうに写ってるのに...」とショックを隠せないユウナ。

 さらに、SNSのトーク履歴を漁ると、そこには案の定、タケルと女の生々しいやりとりが残されていた。

「世界で一番愛してるよ」「うん 私も」「早く会いたいでしゅー」「今日リホのミルク飲んでいいでしゅか?」

 げっ...赤ちゃんプレイ...!? 気持ち悪さが限界突破したトークを写メに撮る。すると、ついに寝室の中にいる2人が、閉じ込められていることに気付いた。

 どう対応すべきかユウナが迷っていたその時、女のスマホに電話がかかってきた。通話相手は、なんと女の旦那。事情を説明すると、今からここへ向かうという。

 しばらくして女の旦那がやってくると、ユウナの自宅は最悪の修羅場になった。「違うんだユウナ...! 誘ってきたのはあの女なんだ!」と、意味不明な言い訳をかましてくるタケル。開き直って謝罪の1つもしない女。妻の浮気現場に立ち会っているというのに、落ち着き払った様子の女の旦那......。この2組の夫婦はどうなってしまうのか。

book_20221129131413.jpg

 頭の中がぐちゃぐちゃなまま実家へ帰ったユウナ。ある日、女の旦那から電話がかかって来て呼び出された。あろうことか、女がタケルの子どもを妊娠したと聞かされ、事態は錯綜していく。そして地獄のような修羅場でも常に落ち着き払っている、女の旦那の真意とは――。まさかの大修羅場を描いたサレ妻残酷物語!

※画像提供:KADOKAWA

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?