毒出し効果倍増。内臓脂肪を減らす「最強ドリンク」試しに飲んでみたら

「最近どうも調子が悪い」「ここ数年、健康診断の数値が悪い」「なんだか風邪を引きやすい」

そんな、「なんとなく」の不調には、心と体に溜まってしまった毒が関係しているかも。『専門家がしっかり教える 健康図解 毒出し』(日本文芸社)では、自宅でできるデトックス法を紹介している。 内科医・漢方医の工藤孝文さんによる「専門医がしっかり教える健康図解シリーズ」の最新刊だ。

book_20230125141735.jpg

本書によれば、「心の毒」にはストレスや自律神経の乱れが、「体の毒」には内臓脂肪や腸内環境が大きく関係しているという。

book_20230125141754.jpg

自律神経の乱れやうつのような症状を感じている人には、心の毒出しになる、「飲むだけで安眠をもたらす飲み物」や「自律神経が整う食べ物」など、誰でもできるストレス解消法を提案。内臓脂肪の増加や健康診断の数値がよくない人には「中性脂肪を減らす最強のおかずみそ汁」や「血糖値を下げるやせる出汁」など、自宅でできる数値改善メソッドを解説している。

◼️意外な組み合わせ

ここでは、「内臓脂肪を減らす最強の飲み物」を紹介しよう。

それは、1対1で割るだけの「緑茶コーヒー」。いつものコーヒーと緑茶を同じ分量ずつ混ぜるだけで完成する超簡単なドリンクだが、コーヒーに含まれる脂肪の蓄積を抑えるクロロゲン酸と、脂肪を燃焼するカテキンが作用し、内臓脂肪を減らす効果が倍増するのだそう。

いやそれ合わないでしょ...と思ったが、「予想外の飲みやすさに驚くはず」とあるので、編集部で試しに作って飲んでみた。

book_20230125141811.jpg

色はちょい濃いめのコーヒーだ。

コーヒーの味が勝っていて、ほんのり緑茶が香る。確かに飲みやすいし、想像していたほど悪くはない。どうしてもコーヒーが飲みたい!とか、緑茶じゃなきゃ嫌だ!という時以外はこれで全然いけそう。のどを潤すのにも十分だ。

健康診断の結果に「このままじゃまずい」と感じている方は、騙されたと思って一度、試してみては?

■工藤孝文さんプロフィールくどう・たかふみ/工藤内科院長 内科医 漢方医。福岡大学医学部卒業、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療を行っている。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、うつ・心身症・自律神経失調症の治療なども行っている。NHK「ガッテン!」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などメディア出演多数。著者・監修書籍は100冊以上におよび、Amazonベストラー多数。日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本肥満学会・日本登用医学学会・小児慢性疾病病指定医。

※画像提供: 日本文芸社

(BOOKウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?