松丸亮吾さんプロデュース バーチャル謎解きイベントが渋谷・宮下公園で開催

宮下公園パートナーズ(東京都渋谷区)と一般社団法人渋谷未来デザイン(同)、大日本印刷(DNP・東京都新宿区)は、仮想空間上での参加型謎解きイベント「松丸亮吾の MIYASHITA MYSTERY PARK(ミヤシタ ミステリーパーク)」を2021年9月2日から開催している。松丸さんは、謎解きブームの火付け役のひとりである、謎解きクリエイターだ。

現実の宮下公園をバーチャル空間に構築した、「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)」の第2弾イベントとなっている。

■バーチャルならではの仕掛けも

舞台は、発生したバグで変わり果てたバーチャル空間の宮下公園。プログラマーの指示に従い、謎を解くことで平和な姿を取り戻す。

実在する宮下公園内の景観や施設、普段は入れない場所を謎解きの問題に取り入れた。現実世界の謎解きでは不可能な表現や、バーチャルならではの仕掛けも施されている。自分の分身「アバター」を選び、仮想空間の宮下公園を歩き回りながら、謎解きを行う。

チーム参加の場合は、音声でやりとり、協力することができる。また、謎解きを完了した時間をSNSなどで共有、クリア時間を比較したりすることでさらに楽しめる仕組みだ。

イベントは1〜4人での参加が可能。プレイするには、パソコンかスマートフォンが必要だ。パソコンは、CPU(プロセッサー)がCore i7以上、メモリーが8GB以上、ブラウザはGoogle Chromeが推奨。スマートフォンはiPhoneX以降か、メモリーが4GB以上のAndroid対応端末から参加できる。それぞれ、推奨されているOS(基本ソフト)はiOS14以上、Android10 以上から。ブラウザは、safari、Google Chromeとなっている。

11月30日までの開催で、参加費は無料。イベント詳細は公式サイトから。

関連記事(外部サイト)