ミライトワとソメイティ復活の日 一緒に写真撮れるラストチャンスかも

東京オリンピック・パラリンピックが終了してから、1か月以上が経った。オリパラ開催中に、じわじわと人気を見せたのが公式マスコットキャラクターの「ミライトワ」と「ソメイティ」だ。

開催期間は広告やSNSなどでその姿がよく見られたが、オリパラが終了した今は、活動の場はとくになし。好きになったばかりのファンの中には、悲しみを抱く人もいたのではないか。しかし、2つのマスコットが復活する日がやって来る。

■「かわいい」「会いたい」

「ミライトワ」と「ソメイティ」は、2018年に公式マスコットキャラに決まった。お披露目された当初は、「見た目が微妙」との意見も集まっていたが、オリパラを通して認知度とファンの数が上昇した。とくにミライトワは「かわいい」と注目を浴び、東京五輪公式オンラインショップではぬいぐるみなどのグッズが完売した。

ツイッターには、閉会してから時間が経った今でも「ミライトワとソメイティに会いたい」とつぶやく人や、イラストを描く人、今後も活動を続けてほしいと願う書き込みが複数見られる。

そんな中、2021年10月16日〜24日に東京都千代田区で開催される「東京2020 ARIGATOイベント」では、両方に会える機会が用意されている。競技用具の展示や競技体験などのほか、ミライトワとソメイティと記念撮影ができる「東京2020マスコット グリーティング」を予定。開催期間中は毎日実施され、撮影可能なマスコット像も設置される。

■高額転売されたグッズがセールに

公式マスコットだけでなく、夏には開催にあわせて東京五輪の公式グッズにも人気が集中していた。J-CASTトレンドの記者が2021年7月29日にグッズショップを訪れると、店は混雑していて、売り切れている商品も複数あった。さらに、当時は高額転売も相次いでいた。「マグカップ」や「クリアファイル」などの人気商品は、フリマアプリ「メルカリ」で定価の数倍以上の価格で出品されていた。

「東京2020 ARIGATOイベント」では、店内の公式グッズ約1200種が割引価格で購入できる。半額以上の割引商品も多数あるという。売り切れや高額転売から一転、今回のセールで、欲しかったグッズが安く手に入るかもしれない。

関連記事(外部サイト)