miina「歌と酒と釣り」に夢中 コピーバンドからシンガーソングライターに

【新連載】DJ Nobbyの「未来のスターがやってきた」

 

若手アーティストを熱く応援する音楽バラエティーラジオ番組「DJ Nobby's Tokyo LIVE!!」のメインパーソナリティー、DJ Nobbyさんによる新連載。全国放送の同番組に出演した「近未来のトップアーティスト」の素顔を紹介します!明日にも人気沸騰する逸材が登場するかも...?

DJ Nobbyです。

第4回のゲストは、静岡県富士市出身のシンガーソングライター「miina(ミーナ)」さんです!

■自己紹介でまさかの展開に

冒頭で自己紹介をお願いすると、miinaさんは出身地をド忘れ。雰囲気に押されたNobbyも、口に含んだ水でむせるという大失態からのスタートとなった今回の番組。「私こういうのダメなんですよ!」と、滑り出しからmiinaさんのキャラ全開のトークとなりました。

miinaさんが初めてギターに触れたのは中学2年生の頃。学校で起こったバンドブームに乗ったのがきっかけでした。小さい頃にピアノを習っていた経験はありましたが、やはり1人で演奏するのはつまらない、と仲間と共に音楽を奏でることを選びます。

番組では通常、4曲紹介しており、そのうち3曲をゲストがスタジオ生演奏する「特別回」になった

最初はロックバンドのコピーから始めたものの、いろいろな音楽にふれるうちに「私も音楽を作れるんじゃないか」と気づき、自身で作詞作曲するようになります。

ただ、自分が作った音楽を人前で演奏するのは、長いこと抵抗があったと言います。初めて一人で、かつ人前で演奏したのは、デザインの専門学校に行くために上京してからでした。

■番組史上、最高難度の質問が

以降は順調に音楽活動を続けていましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴って活動が停滞。緊急事態宣言期間中は「ダラダラした生活」を楽しんだそうです。

「ダラダラした生活とは」と問うと、

「これ言っちゃうと心配されると思うんですけど、午前中からプシュッと(編注:お酒を)開け始めるような生活です」

とのお答え。「そんなに強くないですよ」と謙遜しますが、普段からよくお酒を楽しむようです。

最近どんどんオジサン化してるんですよね、とmiinaさん

近頃は魚釣りに目覚めたそう。番組の名物コーナー「Nobbyに聞け」では、「私を魚に例えると、どこに住んでいるどういう魚だと思いますか?」と奇想天外な質問を投げかけてくれました。

史上最高レベルの難問に、DJ Nobbyはどう答えたのか?ぜひ番組アーカイブで確かめてください。

そんなmiinaさんが、同じくシンガーソングライターの和泉まみさんと、2020年12月12日にライブを開催します。会場は東京・代々木八幡の「MAKITAKI」。入場制限あり(miina枠先着10人)です。

二人のシンガーソングライターがライブ開催

番組アーカイブでmiinaさんの透き通る歌声をお聴きいただき、ぜひライブでも生演奏をお楽しみください。


trend_20211125183423.jpg
miina(ミーナ)静岡県富士市出身
透き通る声、確かなギターテクニックを持ち合わせたシンガーソングライター。日本一のお山と大きな海の間の街で生まれ育つ。幼い頃からピアノを習い、音楽が生活の1つとなっていた。高校時代にバンドを始めた事がきっかけでうたを書きギターを手にする。デザイン学校進学のため上京し、卒業後も音楽を続け今に至る。バンド活動などを経て、2014年3月17日よりソロ活動開始。2015年4月YAMAHA 大人の音楽レッスンWEB CMでmiinaの楽曲提供、自身も出演。2017年8月渋谷JZbrat Birthday ワンマンライブ成功。現在は東京・神奈川を中心に活動中。

DJ Nobby大学卒業後にシティバンク・エヌ・エイに新卒入社、外国為替ディーラーやクレジットリスク管理などを担当。その後東京金融取引所に転職、取引所FX「くりっく365」の取引監視や上場企画などの仕事に従事。現在も米系金融機関に勤務。金融機関勤務の知見を生かし、音声配信プラットフォーム「Voicy」でフォロワー5万8000人に向けて「きのうの経済を毎朝5分で!」を配信中。

関連記事(外部サイト)