「プレイステーション5」福岡県庁で公売に 気になる落札価格いくら

「プレイステーション5」福岡県庁で公売に 気になる落札価格いくら

PS5が福岡県庁の公売に登場

品薄のゲーム機「プレイステーション5」(PS5)の通常モデルが福岡県庁の合同公売会に登場した。これは、税金滞納者から差し押さえたものだ。

高額での「転売」で知られるPS5だが、公売での落札価格も気になる。

■ヘッドセットも付属

福岡県は県内市町村と連携して、11月と12月を「県下一斉徴収強化月間」と位置づけ、納税推進に向けた広報活動などを行っている。2021年11月24日から26日にかけて行われた「県庁合同公売会」もその一環だ。

20日に県庁公式ツイッターで、合同公売会を告知した。添付画像には出品物の例としてPS5やニンテンドースイッチ、漫画「鬼滅の刃」全23巻といった品々が。告知は400回以上リツイートされ、話題を集めた。

PS5(定価5万4978円・税込)は箱付きで、別売のワイヤレスヘッドセットも付属して出品された。入札最低価格に位置づけられる「見積金額」は5万4000円だ。

26日で入札期間は終了し、開札は29日。J-CASTトレンドは30日、福岡県の税務課に取材した。2014年から開催されるようになった「合同公売会」は納税意識の推進などを目的としており、関心を集めるためたびたびゲーム機といったアイテムが並ぶという。昨年は新型コロナウイルス禍の影響もあって、実施されなかった。

■転売相場と比べると

税務課の担当者によると、今回の来場者は3日間でのべ339人。公売は、競売形式ではなく「期間入札」形式だ。来場者は他人の入札価格がわからない状態で入札し、最高価格で入札した人が落札者となった。

合同公売会では45人がPS5に入札し、落札価格は「8万9999円」だったと明かした。税務課担当者が見たところ、状態は「新品に近かった」。

PS5は11月30日現在、新品・中古を含め、8万〜14万円という価格でフリマサイト「メルカリ」で転売されている。約9万円でヘッドセットも付属したとなると、相場の中でも低めの価格だろうか。

税務課担当者によると、ヘッドセットには箱はなく商品名は断定できないが、ヘッドセット本体にプレイステーションのロゴが描かれており、純正品だと考えられるとのことだ。

記者が合同公売の告知画像を見たところ、ヘッドセットはPS5向けでソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが販売する「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」によく似ていた。同一の商品だとすれば、こちらの定価は1万978円(税込)だ。

関連記事(外部サイト)