歩いて稼ぐ暗号通貨アプリ 「初期費用」スニーカーNFTが15万円に高騰

「STEPNって知ってる? はやりそうだよね」

中国人の友人からそう聞かれたのは4月5日(2022年)。インターネットで検索したところ、「歩いた報酬として暗号通貨を付与されるアプリ」らしい。翌6日、シンガポールの友人に何げなく「今日は何してたの」と話しかけると、「朝から10分歩いて1万円稼いだ」というので、思わず「もしかしてSTEPN?」と聞き返した。

2日連続で、投資話に敏感な中華圏の人から名前が出るというのは、ブームの一つのシグナルでもある。気になったので私も始めてみた。

■「10分歩いて1万円」

ざっくり説明すると、STEPNはアプリ内でスニーカーのNFT(非代替性トークン)を購入し、歩いた分だけ独自の暗号通貨「GST」を付与される。GSTはアプリで暗号通貨「SOL」か「USDC」に交換できる。

冒頭の「朝から10分歩いて1万円稼いだ」というのは、正確には「1万円相当のGSTを付与された」ということだ。

昨年12月にリリースされたSTEPNは日本の暗号通貨ユーザーの人気を集め、今月初めにはグローバルのユーザー数が100万人を突破したことが明らかになった。そして暗号通貨初心者である私の耳に入ってくるようになった。

短期間でこれだけ人気になった理由としては、主に2点が挙げられている。

一つ目は、保有・交換がメインだったNFTを、使いながら暗号通貨をもらえる=稼げる商品にしたことだ。

二つ目はゲームとしてよくできている点。スニーカーは「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」用途の3種類あり、特性に合わせた速度で歩かないと(走らないと)暗号通貨をゲットできない。歩くとレベルが上がり、スニーカーが育っていく。一定レベルに育ったスニーカーが2足あると、「ミント」(配合)によって新しいスニーカーを生み出せる。

「歩く」「スニーカーを育てて配合もできる」「稼げる」という分かりやすさと楽しさで、暗号通貨初心者の参戦が多いのが、STEPNの特徴だという。実は私も暗号通貨取引の口座を作りっぱなしで取引したことはなかったが、歩いてポケモンを確保する「ポケモンGO」にも一時期はまり込んだことがあり、STEPNには興味を持った。マスク生活の間に前歯の歯並びを矯正しようとつい最近クリニックに行ったのだが、検査の結果思っていたよりずっと時間もお金もかかりそうだと判明。矯正に使おうと思っていたお金を、そのままスニーカーに充てることにした。

もらえるGSTはレベルや所有スニーカーの数によって上限があるので、私が1日に獲得しているのは10分ほど歩いて8GST弱だ。執筆している4月15日時点だと1GSTは約600円なので、単純計算すると1日に5000円弱稼いでいる。

■高いスニーカー代と不確実性

STEPNには世界最大の暗号通貨取引所「バイナンス」のファンドが出資するなど、大きな期待を集めている。ネット検索するとSTEPNの収入だけで生活している人、たくさんの靴を購入して1日10万円以上稼いでいる人もいるようだ。

ただ、「〇円稼いだ」はあくまでGSTの交換価値であり、誕生して間もないGSTが今後どういう値動きをするのかは予想しにくい。また、話題を集めるにつれスニーカーの価格もインフレ化し、私が始めてから1週間足らずで最安の価格が3SOL(4月15日のレートで約3万9000円)近く上昇した。今始めると、初期費用として約15万円が必要になる。「稼げる」という言葉が先行しているが、初期費用だけでなく不確実性も高い。

個人的に気がかりなのは、3月末から中国で急激に記事やSNS投稿が増えている点だ。中国では暗号通貨の購入や取引は一切禁止されているが、在外中国人も相当いるし、中国でブームになると投機的な動きにつながりやすい。昨年1〜2月にブームとなった音声メディアのClubhouseは、中国人ユーザーが殺到した日にサーバーダウンし、その後の冷え込みも早かった。

運営側は人気の過熱を歓迎しておらず、3月から招待制を導入した。新しく始めたい人は既存ユーザーから招待コード(アクティベーションコード)をもらう必要があり、そのコードもゆっくりとしか発行されない(私の場合、開始5日目に最初のコードが発行された)。

このように、今の時点ではゲームを始めるハードルは、まだ高い。とは言え現時点で準備中の機能も少なくなく、スニーカーのレンタルもその一つだ。同機能がリリースされると、少ない初期コストで気軽に始められそうだ。

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

浦上早苗経済ジャーナリスト、法政大学MBA兼任教員。福岡市出身。近著に「新型コロナ VS 中国14億人」(小学館新書)。「中国」は大きすぎて、何をどう切り取っても「一面しか書いてない」と言われますが、そもそも一人で全俯瞰できる代物ではないのは重々承知の上で、中国と接点のある人たちが「ああ、分かる」と共感できるような「一面」「一片」を集めるよう心がけています。
Twitter:https://twitter.com/sanadi37

関連記事(外部サイト)