のん「限定メタバースコミュニティ」 NFT発行だけじゃない関係づくりを

ブロックチェーン技術やウェブシステムの開発に関するコンサルティングなどを手がけるno plan(東京都新宿区)は、NFT(非代替性トークン)ホルダー限定のメタバースコミュニティ「ReCone(リコーン)」において、女優・創作あーちすと、のんさんの限定コミュニティを開設。2022年4月22日に発表した。

■双方向のコミュケーション

「ReCone」はNFTを発行するだけで終わりにしない、継続的な関係性を生み出したいという声から誕生した、NFTを保有する人のみに発信が可能なメタバースコミュニティ。コミュニティ内でクリエイターはライブ配信や限定記事の公開、クリエイター本人とのテキストチャットなどをNFTホルダー限定で提供することができるという。

NFTは一般的にクリエイターが販売した時点で、クリエイターと購入者の関係は終了してしまうが、NFTを会員権としたコミュニティを設けることで購入したファンとクリエイターは長期的な関係性を築けるというメリットがある。また、コミュニティが活性化することで過去に販売したNFTに対して新たな価値が生まれ、会員権としてのNFTの価値も高まりホルダーにとってもメリットが生じる。このように、クリエイターとNFTホルダーはコミュニティ内で双方向のコミュケーションを取ることが可能で、お互い長期的なメリットを獲得できるという。

女優・創作あーちすととして活動するのんさんの作品「東北支援 NFT Art"王様のマント"」は、リアルなアートを"第2の故郷"である岩手県久慈市に展示。一方、デジタル(NFTアート)は共同保有され、その利益は観光活性化のために同市に寄付される。のんさんが発行するNFTはNFTマーケットプレイス「ユニマ」(要会員登録)にて日本円で購入可能。「ユニマ」の利用詳細は公式サイトで確認できる。

なお、現在のんさんが発行しているNFTは各購入者の「ユニマ」TORUSウォレットに保管されており、ReConeにログインするにはMetaMask(暗号資産を保管するためのソフトウェアウォレット)との連携が必要。

関連記事(外部サイト)