「チョロ Q」新モデル全8種 ゼンマイからモーター搭載に

タカラトミーは、デフォルメミニカー「チョロQ」新モデル全8種を、2022年夏に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

■プルバック回数で走り方が変化

1979年に誕生した「チョロ Q」が、サイズやデザインなどはほぼそのまま、昨今の自動車EV化に着想を得て、従来のゼンマイからモーターを使用したプルバック遊びが楽しめるよう進化した。

1回で直進、2回でランダムターン、3回でバックスピンするなど、プルバックの回数で走り方が変化する。また別売のコントローラーを使用すればリモートコントロールが可能になるほか、コントローラーによるプログラミング入力もできる。

ラインアップは「e-01 日産 NISSAN GT-R(R35)」、「e-02 日産 スカイライン GT-R(R32)」、「e-03 トヨタ トヨタ86(ZN6)」、「e-04 トヨタ カローラレビン(AE86)」、「e-05 ホンダ シビック タイプR(FK8)」、「e-06 ホンダ シビック タイプR(EK9)」、「e-07 マツダ RX-7(FD3S)」、「e-08 マツダ RX-7(SA22C)」全8種。

テスト用電池(LR44ボタン電池×2個)、チョロ Qコイン×1枚が付属する。

価格は各1699円(税込)。

コントローラーやパイロン×4、カード(両面印刷)のセット「チョロQ スマートQコントローラープレイセット」の価格は1500円(同)。

関連記事(外部サイト)