サッカー日本代表の青をイメージ 「日本刀ペーパーナイフ」と「タフな爪切り」

刃物メーカーのニッケン刃物(岐阜県関市)は、日本サッカー協会公認で、サッカー日本代表の"青"をイメージした「ペーパーナイフ」と「爪切り」を、2022年7月7日から「JFA-STORE ミュージアムショップ」(東京都)および「JFA-STORE オンラインストア」、「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」などで順次発売する。

■爪切りは2022個の数量限定

日本刀を模した形状で全長210ミリの「日本刀ペーパーナイフサッカー日本代表ver.」は、SAMURAI BLUEの青を基調とし、鍔(つば)は日本を象徴する"菊"の形状を採用。不使用時に飾って楽しめる掛け台にはサッカー日本代表のモチーフ「3本足の烏(からす)」をプリントする。

"刃物の町"として知られる関市の職人が1本1本丁寧に刃付けを行い、封筒も気持ちよく切れるという。

価格は3300円(税込)。

同チームの選手6名の写真をあしらった「タフな爪切りサッカー日本代表ver.」は2022個の数量限定。足の指にも届きやすい形状となっている。頑丈な鉄素材を使用し、爪切り職人が1本1本丁寧に刃付けを施す。

価格は1760円(同)。

関連記事(外部サイト)