はつめ「OW2」と「猫になるゲーム」推します 歌への思いも大告白

いしたにまさき: 前回、1周年ということで「また質問コーナーやりますよー!」と告知しました。

はつめ:待ってました!

いしたに:今回も質問をいただきました。早速、よろしいでしょうか。

はつめ:お願いします。

■気になる「ゲーム開発者のゲーム」

【質問】気になっているゲーム、心待ちにしているゲームありますか? OW2楽しみですね、無料でよかった!

はつめ:OW2は、めちゃ楽しみだし、やります。

いしたに:もう、ずっと言ってますもんね。

はつめ:気になっているゲームは、猫になって近未来を探索するゲーム『Stray』。

いしたに:え?猫???ホントに猫だ。

はつめ:そう猫、これやりたい。

いしたに:ああ、でもプレイヤーが猫になることで、街の視点が変わるのは面白いなあ。そして、視線がとにかく低い。

はつめ:あと、これも気になってます。ゲーム開発者のゲーム。

いしたに:『GOODBYE WORLD』って、すごいタイトル名。ワールドを作るのが、ゲーム開発なのに。ゲームの中で作ってるゲームが、ゲームボーイだ。

はつめ:結構おもろそう。ツイッターでバズってて、これ見てやりたくなりました。

いしたに:これは確かにそうですね、一度やってみたくなる。

【質問】「エルデンリング」いつごろやり終わりそうですか?

はつめ:やり終わんねえ!!! ちなみに配信外で進めていないので、まだマルギット倒したところで終わってます。

いしたに:まあ、終わらせるだけのゲームでもないですよね。

はつめ:気が向いたらやります。

いしたに:わはは、お疲れ様です。なお、エルデンリングのおかげで、バンダイナムコHDとKADOKAWAの株価が爆上がりだそうです。

はつめ:すげ。

いしたに:あのレベルのヒット作ですからね。当然の結果かと。

■「たまアリ」埋めるゲーム大会のすごさ

【質問】コロナが落ち着いてきましたが、例えば世界でeSportsの大会が増えるとか、これから何か変化するでしょうか。

いしたに:コロナ禍以降という流れの中で、なにか変化起きてきてるとも思うので、その辺も踏まえてどうでしょう。

はつめ:大会自体は増えるというより、元に戻りそうですね。格闘ゲームの大会とか。今年はEVOもラスベガス開催ですし。

いしたに:ああ、そうですね。

はつめ:ン〜、あとはなんだろう。「東京ゲームショウ」が今年はフルサイズ開催みたいなので。

いしたに:おお、それはいいですね。

はつめ:それ以降どうなるかですかね。言うて「開催できる!」ってなっても、「行きたい!」「行ける!」って人がどれくらいいるかというのもありまし(コロナ的な意味で)。でも、先日行われた「ヴァロラント」の大会は、さいたまスーパーアリーナを(観衆で)埋めたので。「たまアリ」埋めるゲームの大会って、ホントすごいんですけど、そういう超大規模の大会が増えるといいなとは思います。

いしたに:さいたまスーパーアリーナ埋めたのかあ、それはすごい。ゲームのイベントで人が集まるということは、コロナ禍以前からわかってはいたことですけど、とうとうさいたまスーパーアリーナの規模になったんですね。なんかちょっと感慨深いな。どの立場から言ってるかわからないですけど。アイドルでも、なかなかさいたまスーパーアリーナは埋められないですもん。

■もうひとつの質問は...

【質問】はつめさん、歌を出そうと思ったきっかけは何ですか?ちなみにどんなジャンルの音楽が好きなんですか?

はつめ:きっかけとしては、元々歌(音楽)好きなのがひとつと。もうひとつは、普段の活動で伝えられない感情とか気持ちみたいな所を、別の手段で誰かに教えたいな、みたいな。好きなバンドのindigo la Endの「通り恋」って曲の歌い出しが「聞かれたら困る話だけど歌に乗せたらいいよね」って歌詞なんですけど。そんな感じです!

いしたに:そのまま言うのではなく、ということね。

はつめ:好きな音楽のジャンルは、それが分かりやすい最近のSpotifyのプレイリスト貼っておきます。
https://open.spotify.com/playlist/5eOyk6AdW8B2pB1fF2Owrd?si=ybp8em0RSGyCu-zJqDO2dw

いしたに:あと、これは私が質問してしまうのですが、今回カバーですよね。で、MVがホントいいなあと。

はつめ:MVつくりましたよ、天才たちが。

いしたに:イラストの人は、紹介して欲しいレベルです。

はつめ:おしまいさんですね。

いしたに:ホントにいいなあ、Tシャツ売ってください!

はつめ:おしまいさんいらすとかわいい。

いしたに:最高ですね。また、そのイラストがうまくMVに昇華されていて、これは何回も見てしまいます。
そして、さっき最後の質問と言いましたが、実はもう1つ取り上げたい質問があったのです。ただ、それは次回話したい内容と関係もしているので、その質問と答えは来月までお待ちください。

はつめ:はい。

いしたに:ということで、また、どっかのタイミングでまた「質問コーナー」やらせていただければと思います。それまで、みなさん質問ため込んでおいてください。よろしくお願いします。

はつめ:ぜひお願いします。

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第二形態」

はつめ現在フリーのストリーマーとして活動している元プロゲーマー。高校時代にesports業界へ飛び込み、18歳にプロ契約。格闘ゲームのプロゲーマーとして、全世界で行われるCAPCOM Pro TourやEVOへも参加。2020年頃よりApex Legendsのゲーム実況をはじめ、当時の最高ランクに昇格するなど、FPSでも活躍している。米国発スポーツアパレルブランド「Kaepa」のブランドアンバサダーを務めている。テレビ番組「お願いランキング!」「王様のブランチ」「マツコ会議」への出演をはじめ、新聞やメディア出演も多数。
Twitter:https://twitter.com/hatsumememe
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCq1FEiGmyh-52yYGeOMTVLA

いしたにまさきウェブサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。2002年メディア芸術祭特別賞、第5回Webクリエーションアウォード「Web人ユニット」賞受賞。著書に2010年11月に単著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である(技術評論社)」など共著も多数。2011 年9月より内閣広報室・IT広報アドバイザー就任。同年アルファブロガー・アワード受賞。「ひらくPCバッグ」などネット発のカバンデザインも好調。ひらくPCバッグで2016年グッドデザイン賞受賞。Evernote ECL・ScanSnapアンバサダー・HHKBアンバサダー。Yahoo!ニュース個人オーサー。
Twitter:https://twitter.com/masakiishitani
ブログ:https://mitaimon.com/

関連記事(外部サイト)