昭和がテーマの招待制メタバース オープニングイベントは八代亜紀ライブショー

「メタバースの学校」を運営する海馬(東京都港区)は、招待制メタバース空間「宝島」を2022年9月1日にリリースする。

■飲み屋街、ライブホール、スナック、講堂で構成

主にパソコンとヘッドフォンを使いアバターとなって楽しむサービスで、入場には有料チケットの購入かイベント主催者の招待が必要だ。ワールドは昭和をコンセプトとしており、飲み屋街のようなウェイティングエリア、音楽ライブやディスコパーティーが開かれる40人収容のライブホール、アバターママがもてなしてくれるスナック(9月2週目オープン予定)、研修やセミナー会場となる講堂(9月中旬オープン予定)という4つの空間で構成される。

リリースに先立つオープニングイベントとして、ライブホールでは「八代亜紀 バースデーイヴライブ Supported by サッポロビール」を8月28日に開催。今回のために制作された八代アバターがライブショー3曲とトークショーを繰り広げる。チケットはヤシロ価格で、会場入場は8460円、ZOOM ウェビナーは846円。取り扱い場所は宝島チケットセンター。

関連記事(外部サイト)