エプソンの新ホームプロジェクター2種 本格ホームシアターを手軽に楽しめる

エプソンは、ホームプロジェクター「EH-LS800B/W」「EH-TW6250」の2モデルを2022年10月6日に発売する。いずれも、本格的なホームシアターを気軽に楽しみたいユーザーや、高画質プロジェクター初心者などに適するという。「Android TV」OSを搭載し、動画配信サービスやアプリなどを大画面で楽しめる。

■壁際設置で大画面「EH-LS800B/W」

明るさ4000ルーメンの「EH-LS800B/W」は、超短焦点レンズの採用により、壁際に設置するだけで80インチの大画面映像を実現できる。

レーザー光源を採用するほか、独自の「4Kエンハンスメントテクノロジー」により、4K相当の高画質映像をシャープで色鮮やかに楽しめる。2.1チャンネルのヤマハ製スピーカーを内蔵し、没入感のあるパワフルな3Dサラウンドを体験可能だ。

スクリーンサイズは80~150型。主なインターフェイスは、HDMI×3、USB Type-A×2、3.5ミリ・ステレオミニジャック×1、光音声出力(S/PDIF)×1など。「Wi-Fi 5」準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。リモコンが付属する。

カラーはブラック、ホワイトの2色。

参考価格は45万1000円(税込)。

「EH-TW6250」は、2800ルーメンの明るさを実現し、明るい室内でも4K相当の高画質映像を視聴できる。回線速度は20ミリ秒以下の低遅延のため、動きの速いゲームを快適にプレイ可能だ。

スクリーンサイズは40~500型。インターフェイスはHDMI×2、USB Type-A×2。Wi-Fi、Bluetooth 5.0をサポートする。リモコン、「Android TV」搭載のメディアストリーミング端末と対応リモコンが付属する。

参考価格は15万9500円(同)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?