「バーチャルマーケット 2022 Winter」先行取材 VRのパリは超華やか

世界最大のVR(仮想現実)イベント「バーチャルマーケット(Vket) 2022 Winter」が、2022年12月3日〜18日に開催される。さまざまなコンセプトのワールドに、法人やクリエイターがアバターや3Dモデルを配置したブースを出展する。

企業が出展する会場は、現実の都市を再現した「パラリアルパリ」「パラリアル札幌」「パラリアル名古屋」というワールドで展開される。VR記者カスマルは、「パラリアルパリ」の世界を先行体験してきた。

■ファッションの街でモデル歩き

「パラリアルパリ」は、フランスの首都・パリを模した空間。エッフェル塔や凱旋門をはじめ、シャンゼリゼ通りやセーヌ川など有名な観光スポットが広がっている。メタバースプラットフォーム「VRChat」から入場可能だ。

パラリアルパリに入るとまず、Vket初出展の化粧品ブランド「マリークヮント」のブース「マリークヮント メタバース パリ店」がある。ブランドマークである「デイジー」の意匠が各所に散りばめられ、華やかな印象の建物だ。

店内からはコスメ品の3Dモデル版のほか、実物のリップスティックやネイルポリッシュを販売するウェブサイトにアクセスできる。

奥には、3つの鏡がある。手前のいすに座ると、鏡の中にはマリークヮントがVketに向けて用意したアバター「MARY QUANT VKET」ちゃんの姿が浮かび上がる。設置されている3Dモデルのリップスティックを鏡に近づけると、「MARY QUANT VKET」ちゃんの顔の様子が変化。左の鏡では1960年を、真ん中では1980年、右側では2022年をテーマにしたメイクを施せる。

エッフェル塔の前に、特設ステージが現れた。舞台脇のボタンに触れると、来場者のアバターがランウェイを歩くファッションモデルのような動きで、自動的にステージ上を回りだす。

来場者の視点そのものはステージの外側に固定される。いわば使用しているアバターからユーザーの意識が抜け出したような状態で、モデル歩きをする自身のアバターの姿を第三者として楽しめる。

■ヤマハも初出展

「ヤマハ」も今回、Vketに初出展だ。1階の「試奏フロア」では、ジャズ風の「ジングルベル」や、ヤマハ音楽教室のCMでおなじみの曲「池の雨」のロックバージョンを再生可能。フロアに設置されているギターやドラムセットを手に取れば、自分で演奏しているかのような気分に浸れる。

2階は人工音声ソフト「ボーカロイド」をテーマにした「ボカロフロア」だ。有名ボカロ曲「神っぽいな」のPVを背景に、アバターにダンスを踊らせられるギミックや、初音ミクの等身大パネルと写真撮影を楽しめるコーナーが設置されている。

 

埼玉県・群馬県を中心に関東で展開するスーパーマーケット「ベルク」は、「ベルクVRパリ店」を出店。スーパーマーケット風だが、その中にはボウリング場が大きく広がっている。「リアルでは絶対にやってはいけないシリーズ」として、ボウリングゲーム「ベルクボウル」を展開しているのだ。

遊んでいるうちに、いつの間にかピンに見立てたフランスパンやお菓子が出現。これに巨大なりんごを投げて倒すなど、VRならではのボウリングが楽しめる。ボウリングの操作はややリアルで、難しい印象だ。真っすぐになるよう意識して腕を振らなければ、たちまちガーターとなる。

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」のブースは、金融機関ならではの内容だ。雪山での「ソリ滑り」コーナーを用意。ソリで滑走していると、ユーザーの横で雪玉が転がりながら並走し、ゴール地点では雪玉同士がぶつかることで巨大な雪だるまが形成される。これは雪だるまを「資産」に例えており、資産運用をプロに任せることで、絶景を楽しみながらソリ滑りをしている間にも、雪だるま(資産)が成長していく...というユニークなメッセージが込められている。

音楽番組「ミュージックステーション」で階段を下りて入場するアーティストの気分に浸れる「テレビ朝日」のブースなど、見どころは数多い。なおVket 2022 Winterでは、一部についてスマートフォンなどで入場できる「ブラウザ会場」を用意するとのことだ。

【J子が行く】J-CASTトレンド記者「J子」とその同僚たちが、体を張って「やってみた、食べてみた、行ってみた」をリポートします。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?