防水機能付きなら海や川でも、「スキンダイバー」ならへっちゃらだ。

“スキンダイバー”とは、水中での手軽な使用や、大きな水圧が掛からないマリンスポーツで使える防水時計のこと。だからスキンダイビング(素潜り)やキャンプでの水遊びなど、あらゆるシーンで大活躍。もちろん本格的な潜水に耐えうるモデルがあるのはもちろん、街中でのファッションにも最適だ。そんな一例として、ファッショニスタたちの愛用時計の着こなしをSNAPした。

1.OMEGA SEAMASTER(オメガ シーマスター)|「THE FAT HATTER」店長・渡部陽介さん

大手セレクトショップでバイヤーをしていた渡部さんは、コーディネイトにも定評あり。この日は’60年代のビーチシャツに、爽やかなブルー文字盤のオメガのシーマスターをセレクト。’90年代のモデルなので、そこまで旧くないが、NATOベルトに変更することで、なんともクラシックでワイルドな印象に。ザ ファットハッターのパナマハットともマッチしている。

2.G-SHOCK×LEVI’S LVGS-5600(Gショック×リーバイス LVGS-5600)|「スマートクロージングストア原宿店」店長・姫野賢次さん

ブラック×ピンクの’50年代らしいカラーリングのフェローズのハワイアンシャツで登場してくれた姫野さんの時計は、なんとリーバイスとコラボレーションした限定のG-SHOCK。ベースは大定番の5600系でバックライトを点灯するとリーバイスのロゴが浮かび上がる。スポーティなモデルながらも、ブラックなら汎用性が高く、アメカジにもマッチする好例だ。

3.NIXON 42-20 CHRONO(ニクソン 42-20クロノ)|「SNS TOKYO」店長・福井傑也さん

スウェーデン発の人気セレクトショップであるSNS東京の名物スタッフである福井さんは、ニクソンのスポーティなクロノグラフを愛用。よく見ると眼鏡のフレームのようなべっ甲柄になっており、なんとも上品で遊びが効いた印象。このコーディネイトのようにTOGAのシャツを合わせても絵になり、それでいて200メートル防水とハイスペックな仕様になっている。

4.Apple Watch(アップルウォッチ)|「GLANDHAND core」マネージャー・橋本佑さん

グラッドハンドのアイコンでもある橋本さんは、バイ グラッドハンドのハワイアンシャツに、同ブランドのニットとサマースラックスでコーディネイト。ここでスポーティなスマートウォッチだと浮いてしまいそうだが、リザードのベルトにカスタムすることでシックな印象に。アップルウォッチは簡単にベルトが付け替えられるので、シーンで使い分けるのも一興。

(出典/「Lightning2023年9月号 Vol.353」)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?