オールデンにサンダース……秋冬に履きたい、名作革靴。

秋冬を迎える中でスウェードやヌバック、シボ革、スムースレザーと素材のバリエーションも充実するレザーシューズ。一度は憧れる革靴ブランドの名作10アイテムが勢揃い。洒落者たちの足元で輝く極上の1足となるのはどれ?

1.ALDEN(オールデン)のMICHIGAN BOOT|隠れた名作を改良した、コンフォータブルな一足

足当たりの良い柔らかなスウェードと、弾力性に優れたクレープソールが同ブランドらしい組み合わせ。ラギッドなデザインながら、アッパーとソールに施された白のステッチで上品に。14万3000円(ラコタTEL03-3545-3322)

2.F.LLI Giacometti(フラッテリ ジャコメッティ)のGIORDANO SUPERBUCK|上品な見た目から想像もつかない隠れた堅牢さ

スウェードを得意とする英国の老舗タンナーのスーパーバックをアッパーに採用。縫製はすべてダブルステッチで仕上げており、同ブランドの登山靴に匹敵する堅牢さを持つ。11万8800円(ロフトマンコープ キョウトTEL075-212-5352)

3.JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)のHARVEY R|雨に強くシチュエーションを選ばない英国顔の頼りになるヤツ

アッパーは傷や汚れに強く、大粒のシボが特徴のグレインカーフに。ソールは雨でも滑りづらいダイナイトソールを採用しているので、多少の雨でも気負わずに履ける。8万8000円(ブリティッシュメイド 銀座店TEL03-6263-9955)

4.MAKERS(メイカーズ)のU MOCCA BLUCHER|シルエットは美しく、素材はタフに、履き心地は上質に

同ブランドのコードバンラインのブーツをソースに、オリジナルの銀付きスウェードを使用した1足。厚みのあるスウェードを使用することで、ラフに履いても十分に耐用する仕上がりとなった。8万3600円(ディアドルフTEL03-3872-8288)

5.SANDERS(サンダース)のMILITARY APRON FRONT GIBSON|光沢を持つ品のあるルックスとたくましさを併せ持つ

同ブランドのアイコンピューリタンステッチをUチップ部に施した1足。光沢が強く、傷や汚れに強いポリッシュドレザーを採用。手入れもしやすく、入門用の革靴にもオススメ。6万1600円(グラストンベリーショールームTEL03-6231-0213)

6.J.M WESTON(ジェイエムウエストン)のWORKER BOOTS #742|インパクトのあるボディにさりげない意匠が光る

ヌバック素材のブーツは、同ブランドの[ゴルフハイトップ]と同シルエットを採用し、履き心地は快適。グッドイヤーウェルト製法によりソールは張り替え可能。15万9500円(ジェイエムウエストン 青山店TEL03-6805-1691)

7.JOHN LOBB(ジョン ロブ)のBATH|軽く柔らかい、極上の履き心地

サイドとエプロンに施されたハンドステッチが特徴的。柔らかなスウェードをアンライニングで仕上げ、グッドイヤーウェルト製法ながら薄くて反りのいいソールが心地よい。25万800円(ジョン ロブ ジャパンTEL03-6267-6010)

8.Enzo Bonafe(エンツォ ボナフェ)のBIT L0AFER|熟練した職人による手仕事から生まれる袋縫いの魅力あふれる1足

フランスのタンナー、アース社のユタカーフを使用したビットローファー。袋縫いの中でも特に技術を要するオンザラストで縫うことで生まれる足を包み込むような履き心地が魅力。13万2000円(オリエンタルシューズTEL03-6804-3280)

9.F.LLI Giacometti(フラッテリ ジャコメッティ)のFG257 LOAFER|シボ革独特のエイジングと履く場所を選ばない実用性を楽しむ

ジャコメッティの定番のローファーを、フランスのアース社製ユタカーフに載せ替え。オイルをたっぷりと含んだシボ革は、雨や傷に強い。履きこむほどにでてくる味も楽しみ。11万3300円(リファーレ恵比寿TEL03-5768-1373)

10.BROTHER BRIDE(ブラザーブリッジ)のKELLY|クラシックなツートーンのローファーをカジュアルに履きやすく

スムースレザーとスウェードのコンビが特徴的な同ブランドらしいデザイン。厚底のEVAソールを採用することで、秋冬の重みのあるトラウザーズとの相性も良い。5万9400円(ブラザーブリッジトウキョウTEL03-6802-7992)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2023年12月号 Vol.200」)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?