驚きの耐光性インクを採用「371 ピグメントブラッシュペン」発売

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ステッドラーが新しいピグメントブラッシュペン371シリーズを11月下旬から発売する。
  • 独自開発のマルチインクには、他にない耐光性能と色の表現力がある。
  • イラストからプラモデルの着色まで多岐に利用可能な3600円から1万1800円の価格設定となっている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ステッドラーは、独自開発の「マルチインク」を採用した、「371ピグメントブラッシュペン」を11月下旬より発売。

新開発のマルチインクは、卓越した耐光性、発色の良さに加え、裏移りしない特性など、今までのカラーペンにはない強みを持っている。速乾性のマルチインクは、乾燥後に耐水性を持ち、水彩画の線画などにも使用可能。

また、同じ色を重ねて塗ることで、色の濃淡を表現でき、色と色を合わせて、紙面上でグラデーションを作ることもできる。細めのブラッシュ芯で、イラストやまんがはもちろん、木材やガラスのデコレーションやプラモデルへの着色などにも使うことができる。

ピグメントブラッシュペン

カラー:36色
種類:4種類(単色、12色セット、24色セット、36色セット)
価格(税込):330円/本、3,960円/12色セット、7,920円/24色セット、11,880円/36色セット)

【問い合わせ】
ステッドラー日本
https://www.staedtler.jp

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?