馬革至上主義。「FOUNTAINHEAD LEATHER」の新作をレザージャケットをチェックしよう。

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ファウンテンヘッドレザーの新作ジャケット2つとカーコート1つを紹介。
  • 名前「ラムダ」のジャケットは1970~80年代をイメージしながら洗練され、カーコート「MU」は1930年代をベースにした。
  • 製品は馬革を使用し、色味と加工方法でエイジング効果を表現。ファウンテンヘッドレザーならではの作り込みに焦点を当て紹介した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

そもそも海外向けのブランドとして誕生し、国内での取り扱いディーラーも少なく、レザーラバーの間で話題にはなりつつもなかなかその全貌が掴めなかったファウンテンヘッドレザー。遂に先日横浜で開催された「レザーズデイ」に出展し、多くのファンがブースに押しかけたのは記憶に新しい。そんなファウンテンヘッドレザーの新作を紹介する。

LAMDA

BROWN

BLACK

1970年代から’80年代に多く見られたスポーティなスタジャンタイプのレザージャケットを、ファウンテンヘッドレザーのフィルターを通してスタイリッシュにアレンジし、現代に甦らせた「ラムダ」。オリジナルにありがちなアームホールのダブつきを抑え、細身に仕上げてあるため、スタジャンのように着ることもでき、かつライダースのようなシャープな着こなしにもマッチする。1.5mm厚のベジタブルタンニン鞣しの馬革を採用し、ブラック・ブラウン共に茶芯仕様となる。17万6000円

袖口と裾はしっかりと編み立てられたリブニットのため、ライダースのようなハードさもなくさらりと着こなせ、風の侵入も防いでくれる 1.5mm厚のベジタブルタンニン鞣し・顔料仕上げの馬革を採用。顔料特有の艶感が美しい。ブラウンも茶芯仕様なのでエイジングも楽しめる ライニングにはキュプラを採用。重ね着をした時でも滑りがいいのでストレスは全くなし。裏地が薄手なのでごわつかずに着られるのも嬉しい

LAMDA BLACK
http://www.masphalto.jp/smartphone/detail.html?id=000000007055&category_code=ct700&sort=order&page=1

LAMDA BROWN
http://www.masphalto.jp/smartphone/detail.html?id=000000007056&category_code=ct700&sort=order&page=1

MU

BLACK

BROWN

ファウンテンヘッドレザーから、待望のカーコートがリリースされた、MU(ミュー)と名付けられたこのモデルは、1930年代のクラシカルなカーコートをベースにしながらも、全体的なシェイプを見直し、身体に沿うような流麗なラインを実現した。レザーは前述のラムダ同様の馬革。こだわったのはAライン。裾に向かって若干広がるシルエットは、カーコートの真骨頂と言える。腕や身幅は細身にできているので、コートでありながらジャケットを羽織るような感覚で着用できる。19万8000円

カーコートは金属パーツをほとんど使用していないため、非常にクラシカルな雰囲気を醸し出している。ボタンは水牛ボタンを採用している この袖口の仕様も非常にクラシカルな作り。ブラックもブラウンも茶芯使用なので、袖口も経年で擦れ、うっすらと茶が出現してくる ボタン留めのサイドアジャスターでフィット感を調節する。この留め方でシルエットが変わるので、コーデに合わせて調節するのも楽しい

MU BLACK
http://www.masphalto.jp/smartphone/detail.html?id=000000007058&category_code=ct700&sort=order&page=1

MU BROWN
http://www.masphalto.jp/smartphone/detail.html?id=000000007057&category_code=ct700&sort=order&page=1

【問い合わせ】
マスファルト
TEL03-6383-4006
http://www.masphalto.jp/smartphone/list.html?category_code=ct700

(出典/「Lightning 2024年1月号 Vol.357」)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?