「私は奴隷」と悩む親も…自閉症児を育てた母が、わが子の「こだわり」に応じ続けた理由

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 自閉症児の「こだわり」に親は応じ続けるべきか悩むが、医師から安心感を得るため応じることが重要だと診られた。
  • 自分のこだわりが認められ安心できる環境が重要で、それに応じることで次第にこだわりを緩和できる可能性がある。
  • 全ての要求に応じ切れない場合もあるが、迷惑や害にならない範囲では応じるべきだと著者は考えている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

自閉症の子が持つ「こだわり」に応じていいのかと悩む親は少なくありません。自閉症児を育てた筆者が見据える「応じてやる」ことの先にあるものとは……。

自閉症児の「こだわり」にどこまで応えるか…自閉症児の「こだわり」にどこまで応えるか…

【イラストで解説】「発達障害児」にみられることのある「5つの行動」

 自閉症の子を育てていると、さまざまな「こだわり」があり、周りがそれに応じてやらないとパニックを起こしたり、自傷したりして困ることがあります。子育て本著者・講演家であり、知的障害を伴う自閉症児を育ててきた私は、自閉症のこだわりはわがままではないので、応じてやることによって安心・安全を確保してあげた方がいいと思っています。

 しかし一方で、ある人からこんな相談を受けたことがあります。

「自閉症の子を育てている親です。子のこだわりがものすごく、まさに年中無休『子どもは殿さま、私は奴隷』の状態。『同じ道順でないと許してくれない』『同じ時刻に夕飯が出てこないとお皿をひっくり返す』などです。

定型発達の子の『駄々をこねながらの要求』に応じてやれば、次も駄々をこねます。たとえ障害があっても、応じてやることで、こだわりがさらに強化されてしまうのではないでしょうか」

■「一番苦しいのは本人なんですから」

 私の息子には食物アレルギーと小児ぜんそくがあり、国立の小児病院のアレルギー科と小児精神科に通院していました。

 アレルギー科の主治医からは、「できるだけ発作を起こさないように、普段からステロイド吸入をしてください」と言われていました。ステロイドと聞いただけで拒否反応を起こしていた私に対して、主治医はこう続けました。

「喉の炎症が残っているとぜんそくが誘発されるので、まず発作を起こさないことが大切です。発作を起こせば起こすほど、ぜんそくは悪化しますから、発作は本人も相当つらいと思いますよ」

 そして、小児精神科の主治医からもこう言われました。

「パニックを起こせば起こすほど、さらにパニックが誘発されてしまいます。だから、こだわりには応じ、安心できる環境を与えてやってください。パニックを起こして一番苦しいのは本人なんですから」

 さらに、こう続けました。

「もしお母さんが、人の履いたスリッパがどうしても履けなかったとしましょう。『履け』と命令されたら、どうですか? それを履いてセミナーに参加して、落ち着いて聞いていられますか? これと同じで、お母さんからすれば『何でこんなことにこだわるんだ』と思うことも、本人にとってはとても耐えがたい嫌なことなのですから、こだわりには応じてあげてください」

 私は、それからは息子が「これだけを着たい」と言えばそれを着せ、同じデザインの靴しか履かなければ、13センチ、14センチ、15センチ…と何足も買って応じていました。

■応じることで「こだわり」を緩める

 さて、定型発達の子どもがわがままを言ったとき、それに応じてばかりいると、確かにわがままを助長することになります。けれども、自閉症児のこだわりへの対応は、私はそれとは違うのではないかと思っています。

 自閉症の人にとって「こだわり」は、それがないと不安で仕方がない、絶対に譲れないもの。でも、全てが通るわけではない世の中です。どんなに嫌でも、思い通りにならないことがたくさんあります。だからこそ、こだわりを受け入れられてこそ安心し、次第にこだわりを緩めていくことができるのではないかと思っています。

 ただ、そうはいかずに受け入れられないこともあるので、そのときは断るしかありません。以前、ピンク色にこだわるお子さんを育てている親御さんから、「子ども本人だけでなく家族全員がピンク色の服を着ないと許さない」というこだわりにどう対応したらよいか、という質問を頂いたことがあります。家族全員が、ずっとピンク色の服を着ているなんて無理ですよね。

 こだわりに応じてやらないことで、こだわらなくなることもあるかもしれませんが、こだわりに応じてやることにより、安心・安全が確保されれば、自分のこだわりを緩めることもできるような気が、私はしています。

 食べ物も、「好き嫌いなく食べるように」としつけられて、何でも食べられるようになる子もいますが、嫌いな物を食べるよう強要されたことで、成長してからもずっと嫌いなままになってしまう子もいます。

 正解は「?」ですが、私は今後も、こだわりには応じてやろうと思います。それでも通らない経験は多く、現在もしていますから、それでいいのだと思っています。人に迷惑をかけないことであれば、応じてあげてもいいのではないでしょうか。皆さんはどう思いますか。

子育て本著者・講演家 立石美津子

【イラスト】実は「偏食」も? 発達障害児にみられやすい行動5つ

【専門家の経験】ママ友の子は発達障害児 経験から考える「言わない方がいい言葉」

【実話】「お子さんは自閉症ではないですよ」と言ってほしかった “療育の鬼”と化した母が現実を受け入れるまでの「過程」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?