「あの長野オリンピック金メダリスト」は現在アップルパイ職人だった ぺこぱ松陰寺のスキージャンプ挑戦にエール

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 長野オリンピックのスキージャンプ選手・船木和喜が現在アップルパイを作りながら、お笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇のスキージャンプへ応援のメッセージを送った。
  • 船木は長野オリンピックで団体戦と個人戦の2個の金メダルを取ったスキージャンプのレジェンドで、アップルパイブランドも経営している。
  • ぺこぱが番組でラージヒルに挑戦する様子を紹介し、無料配信中の同番組では他の sports企画も盛りだくさんな内容になっていた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

©️ABCテレビ

1998年に開催された長野オリンピックから早25年……。当時の日本は、スキージャンプで大いに盛り上がった。団体と個人で金メダルを獲得した「スキージャンプ界のレジェンド」は、現在アップルパイを製造・販売している。そんな彼が、スキージャンプが大好きすぎるお笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇にエールを送った。

©️ABCテレビ

長野オリンピックといえば、スキージャンプ。リアルタイムで見た世代にとって、岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の活躍はまぶしかっただろう。スキージャンプ競技の種目の1つ「ラージヒル」の団体戦で、最後に飛ぶ船木に原田が放った「ふなきぃ~ふなきぃ~!」という声援は、名言として有名だ。この大会で、団体だけでなく個人で船木も金メダルを獲得し、日本中を熱狂させた。

©️ABCテレビ

スキージャンプ界のレジェンド・船木は、48歳となった現在も現役選手として活躍する一方で、経営者の顔も持っている。彼が取り扱うのは、地元である北海道・余市町のリンゴを使ったアップルパイだ。甘酸っぱいリンゴがたっぷり入ったサクサク触感のアップルパイは絶品で、船木が自ら店頭に立つこともあり、百貨店の催事コーナーは常に賑わっている。

©️ABCテレビ

松陰寺が無謀にもラージヒルに挑戦すると知った船木は、「大人になってから(スキージャンプを)やるのは結構覚悟がいると思う」とビックリ。しかし、すぐに「段階を踏んだ目標を立ててもらえるのであれば、ミディアムヒルから一緒に飛んでもいいですよ。頑張ってください!」と松陰寺にエールを送った。

©️ABCテレビ

船木に応援された松陰寺が、スキージャンプの聖地・長野の「白馬ジャンプ競技場」で傾斜36.5度の滑降に挑んだ様子は、スポーツバラエティ番組『ぺこぱのまるスポ』(11月12日放送)で紹介された。 動画配信サービスTVerで無料配信中の同放送回は、他にも企画が盛りだくさん。日本最高峰のプロダンスリーグで戦う「ブレイキンの伝道師」や、ジョギングとゴミ拾いを掛け合わせた新しいフィットネス「プロギング」に取り組む男性の密着映像も公開された。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

長野オリンピック1998の名言「ふなきぃ~ふなきぃ~!」が懐かしい……。スキージャンプ界のレジェンド・船木和喜のアップルパイが食べたくなり、ラージヒルの挑戦に燃えるぺこぱ松陰寺を応援したくなるスポーツバラエティ番組『ぺこぱのまるスポ』を無料配信中

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?