【福岡県福岡市】氷上での食事やフィギュアスケートにまつわる職業体験も!新アイスショー「BIS F24」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 2024年1月、福岡のアイスリンクでは食事やフィギュアスケート体験イベントが開催。
  • アイスショーを見ながら食べられる特別メニューや有名スケーターの演技が楽しめる。
  • 審判やカメラマン、アナウンサーの仕事も体験でき、スケーターと直接話すチャンスも。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。


福岡県スポーツ推進基金は、2024年1月26日(金)~28日(日)の期間、アクシオン福岡 県立総合プール スケートリンクにて体験型アイスショー「氷上の贅沢体験を福岡で~BIS F24~THE BEGINNING OF THE ICE SHOW」を開催する。

ショーを観ながら食事を楽しめる

日本におけるフィギュアスケートの観覧スタイルは飲食禁止が主流だが、このショーでは全席で飲食が可能となっており、食を堪能しながらショーを観ることができる。


特に、氷上に設置したテーブル席では、福岡のミシュランシェフ・西村貴仁氏が今回のショーのために考案した特別メニューを提供する。

アイスショーに加えアーティストのショーも実施

フィギュアスケートの華麗な演技は、国籍を超えて人気がある。また、音楽も世界共通のカルチャーであり、日本人と外国人が共に楽しめるエンターテイメントだ。

このショーでは、スケーターによるアイスショーだけでなく、アーティストによるショーも同時に楽しめる構成となっている。

フィギュアスケートにまつわる職業を疑似体験

また、フィギュアスケート競技大会で目にする「審判」「カメラマン」「アナウンサー」の3つの役割を体験しながら学ぶことができるのもこのショーの特長。

審判の体験では、リンク正面に設置された競技大会さながらのジャッジ席でフィギュアスケートの演技を観ることができる。実際に点数をつけることはないが、関係者控室で待機したり、名前を会場内で紹介されるといった体験ができる。


スケーターの華麗な演技の最も輝く瞬間を切り取るカメラマンの体験では、これまで数々のフィギュアスケーターを撮影してきたフィギュア界を代表する田中宣明カメラマンと能登直カメラマンから、スケーターを綺麗に撮影する際のコツを直接レクチャーしてもらえる。使用するプロ仕様のカメラは主催者が手配。自分で撮影した写真は、主催者側のチェックを受けて許可を得たものが、後日フォトブックデータとして提供される。

アナウンサーの体験では、会場で演技を披露するスケーターの紹介や演技後のスケーターへのインタビューをすることができる。事前にプロのアナウンサーから人前での話し方や緊張しない裏ワザのほか、インタビュー時に選手の今の気持ちを引き出すコツなどをレクチャーしてもらい、憧れのスケーターと間近で直接会話をする夢のような時間を体験できる。

イベント概要

開催日程は、2024年1月26日(金)が開場17:00/開演18:00~20:00、1月27日(土)が開場15:00/開演16:00~18:00、1月28日(日)が開場15:00/開演16:00~18:00の予定となっている。

出演者は、安藤美姫さん、本郷理華さん、鈴木明子さん、小林宏一さん(PIW)、小沼祐太さん(PIW)・吉野晃平さん(PIW)・松永幸貴恵さん(PIW)・佐々木優衣さん(PIW)ほか。

チケットは、12月1日(金)23:59まで、ローソンチケットで先行販売中。一般販売は12月9日(土)からで、各種プレイガイドで取り扱う。

スケーターの演技を鑑賞しながら様々な体験をすることができるこの機会をお見逃しなく!

イベント詳細:https://www.live-link.life/online/bisf24

■アクシオン福岡 県立総合プール スケートリンク
住所:福岡県福岡市博多区東平尾公園2-1-4

(yukari)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?