【大阪府吹田市】パーキンソン病専門住宅「オリーブ・南千里」オープン。見学や入居相談の受付を開始

Robot Icon

AIざっくり要約

  • パーキンソン病専門住宅「オリーブ・南千里」が大阪府吹田市南千里に新規オープンし見学や相談を開始した。
  • この住宅は長年の研究に基づく安心な介護体制とスーパーホテルから学んだもてなしを融合し、QOLを重視できる設計になっている。
  • 南千里エリアは商業施設が充実し交通も便利な好評のエリアで、「オリーブ・南千里」は70室を完備しパーキンソン病患者のライフステージをサポートできる専門住宅だ。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。


スーパー・コートのパーキンソン専門住宅ブランド「オリーブ」が、大阪・南千里にて12月1日(金)に新規オープン。見学や入居相談の受付を開始した。

パーキンソン専門住宅「オリーブ」

「オリーブ」は、「神経内科専門医による訪問診療」「専門職によるリハビリテーション」「24時間看護」「薬剤師による服薬管理」といった長年の介護研究に根ざす安心の介護体制と、「スーパーホテル」の運営で培った“心からのおもてなし”を融合したハイクラスな住宅型有料老人ホームだ。

QOLを重視するパーキンソン病患者に満足してもらえる上質で安心して暮らし続けられる住まいを提供する。

「オリーブ・南千里」について

北摂・千里丘陵エリアに位置する南千里は、大阪都市圏有数の衛星都市、ベッドタウンであり、住みたい街ランキングでも長年上位の人気エリアだ。


万博が開催された広大な公園、緑豊かな自然環境、商業施設の充実、交通の利便性など多彩な魅力を持つ北摂・南千里に「オリーブ・南千里」が誕生。施設の質はもちろん、充実の周辺環境、エリアのネームバリューの面でもワンランク上の有料老人ホームと言えるだろう。



「オリーブ・南千里」は、鉄骨造4階建の施設に70室を配置。共用設備として、レストラン・リハビリルーム・健康管理室・理美容室・談話スペース・一般浴場・特別浴室などを完備した。

パーキンソン病患者にもQOLが実感できるライフステージを、そんな思いのこもった専門住宅「オリーブ・南千里」をチェックしてみては。

■「オリーブ・南千里」
所在地:大阪府吹田市千里山西6丁目56番3号
居室数:70室(定員70名)
居室面積:18.00~19.80m²
住居の権利形態:利用権方式
HP:https://www.supercourt.jp/facility/osaka/olive_minamisenri/

(Higuchi)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?