キャラになりきってダンスを楽しむ「ニャりき~る」が、全国のイベント会場に登場!

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 新製品「ニャりき〜る」はキャラになりきって画面の前でダンスできる体験型コンテンツで、全国のイベント会場に登場する。
  • 初回は3DCGキャラの「まめひなた」「VR蕎麦屋タナベ」「Mash-P」と、人気スポット「ポピー横丁」のステージが楽しめる。
  • イベントによってはその場限りのキャラやステージも用意されており、参加者は踊って撮影で盛り上がれる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。


INSIDESTが、画面の前に立つだけで、キャラクターが同じ動きでダンスをする体験型コンテンツ「ニャりき~る」をリリース!全国のイベント会場に登場する。

キャラクターになりきってダンスを楽しむ

画面の前に立つだけで、様々なキャラクターになりきって踊れる「ニャりき〜る」。昔懐かしいキャラクターになりきってみたり、地元で人気のゆるキャラになりきってみたりと、いろんなキャラクターになりきってダンスを楽しむことができる。

第一弾は有名キャラと「ポピー横丁」が登場

「ニャりき〜る」第一弾では、有名な3種のなりきりキャラクターと「ポピー横丁」ステージが登場。


なりきりキャラクターは、かめ山氏デザインのオリジナル3Dモデルで、ちいさくて表情豊かな犬の女の子のアバター「まめひなた」、メタバースの世界で書籍、テレビ番組出演を多数しており、同じくメタバースの世界で日産、モスバーガー、NHK等テレビ番組のVR制作を手がけている「VR蕎麦屋タナベ」、大きなシルエットが特徴のペンギンアバター「Mash-P」だ。


ステージは、日本の新宿にあるゴールデン街をモチーフに作成された、VRSNS上で人気のワールド「ポピー横丁」。毎晩宴が開催される街が、「ニャりき〜る」ではステージとして登場する。

ステージ楽曲は『メタバースデイ』

また、ステージ楽曲は、バーチャル美少女ねむが、“メタバースで生きていく”をテーマに2022年にリリースした楽曲『メタバースデイ』。MVを秋葉原駅前の大型ビジョンに放映するクラウドファンディングでは、1カ月間のビジョン放映を成功させた。

イベントによっては、そのイベント会場でしか体験できないキャラクターも参加。そこでしか見られないステージもあるので、イベントに参加したら“踊って・撮って”盛り上がろう!

(佐藤ゆり)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?