お茶入の年賀状で新年の挨拶を!今年は全22種類、「chayori」年賀柄販売スタート

Robot Icon

AIざっくり要約

  • エスティーワイの運営する京都のお茶屋が、年賀状用に22種類の「ちゃより」年賀柄を販売開始した。
  • 「ちゃより」は84円切手で送れるお茶のお便りで、中には2個のお茶ティーバッグが入っている人気商品だ。
  • 制作担当者は辰年向けのデザインに辛子昆布の吉祥文様を取り入れ、全てを楽しんでいただけるよう心を込めた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。


エスティーワイが運営する、京都ぎょくろのごえん茶は、公式ウェブショップ及び直営店その他、全国1500箇所以上で、お茶のお便り「chayori(ちゃより)」年賀柄の販売をスタートした。

今年は全22種類を販売中



「chayori」は84円切手で送れるお茶のお便りで、パッケージの中には京都産のお茶ティーバッグが2つ入り。

「いつもと違う年賀状を送りたい」「ギフト付きの年賀状を探していた」「ちょっと気が利いた寒中見舞いになっていい」等の理由から、ユーザーに選ばれている。

毎年人気の「chayori」年賀柄は年々デザイン数が増えており、今年は、11月現在で22種類を販売中だ。

「chayori」について


「chayori」は、84円切手で送れるお茶のお便り。販売開始から4年目で、200柄以上の商品展開をしている人気商品だ。また、累計出荷数は約30万個で、年々需要の高まりを感じているという。

「chayori」は、手書きのメッセージを添えて気持ちと共に贈るお茶付きのお便りとして、誕生日・結婚や出産の報告・季節の挨拶等、様々なシーンで利用されている。

「chayori」年賀柄一部紹介


「HAPPY NEW YEAR(しめ縄)」。


「謹賀新年茶(辰の親子)」。


「あけましておめでとうございます茶(2024辰)」。


「HAPPY NEW YEAR(辰アップ)」。


「寒中お見舞い申し上げます茶(タツノオトシゴ)」。


「心穏やかな1年をお過ごしください茶」。なお、価格はいずれも540円(税込)。

制作担当者コメント

制作担当者は、『猛々しいイメージのある龍ですが、送る方も受け取る方もほっこり笑顔になっていただけるような、優しく可愛らしい雰囲気の辰さんデザインに仕上げました。

おめでたい事の前兆として現れる瑞雲柄などの吉祥モチーフも入れて、「手に取ってくださる皆さんの運気が上がりますように」という願いを込めています』とコメントしている。

京都ぎょくろのごえん茶について


京都ぎょくろのごえん茶は2014年4月に創業し、鴨川での自転車販売からスタート。

「お茶を、もっとたのしく」をコンセプトに「美味しい」「人を思いやる」「ふふっと笑顔になれる」そんな商品や店づくりをしている、ほっこりエンターテインメントお茶屋。

創業時からのこだわりとして、宇治田原で天保7年から続く茶園の茶葉を使用。京の地で古くから伝わる味を手軽に楽しむことができる。

また、お茶商品の企画・デザイン、ノベルティやオリジナルグッズの提案、OEM生産、イベント企画なども行っている。

この機会に、「chayori」年賀柄をチェックしてみては。

■ごえん茶寺町店
住所:京都府京都市中京区天性寺前町541-4
ごえん茶公式ウェブショップ:https://shop.goencha.com/

(角谷良平)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?