新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その41)

筑豊本線で石炭貨物牽くD60

0215-37x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前垣生 D6069 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 長らく続いた71年12月の筑豊本線も最後となりました。夕陽を浴びてD60がセラの石炭貨物を牽いて来ました。最後を飾るのは継ぎ足し無しの化粧煙突、角が切れたデフのD6069です。D6069は69年9月に大分から直方に来た罐で、72年10月に若松に行き、73年6月に廃車になっています。この罐もD50時代から小樽築港、岩見沢、滝川、追分、池田、出水、直方、柳ヶ瀬、大分、若松と49年に渡って北海道と九州を走り抜いています。
 足掛け3日間福岡の叔父の家から筑豊本線に通いましたが、それまでの駅撮りからはじめての走行写真へのチャレンジで、すっかり蒸気機関車の魅力にはまった筑豊本線でした。

0215-7x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6069 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑豊本線との別れの時がやってきました。1日の撮影を終え、夕方筑前垣生駅からD6069に牽く客車列車に乗ります。駅付近から垣生公園方向ですが、現在の様子をストリートビューで見るとは線路の下にアンダークロスの道路が出来ていますが、トイレのような建物もそのままで長閑な風景です。この辺り出身の会社の後輩が30年前に垣生公園でデートしていた話を聞いて、詳しく垣生公園の話をしたら驚いていました。

0215-8x_20210331091401
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6069 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 到着ですが、これから走って飛び乗ったようです。

0215-9x
 1971/12 筑豊本線 折尾 D6069 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D60の汽笛を聞きながら折尾までの短い区間でしたが楽しみました。折尾で鹿児島本線に乗り換えて門司港へ向かいます。門司港からは夜行急行みやざきに乗って、日豊本線に向かいます。
 中学1年の年末の筑豊本線もDD51763さまのコメントで多くの謎も解けありがとうございました。現役時代アーカイブも最後の日豊本線の1日を残すのみとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ??