桜ヶ丘歩道橋

桜ヶ丘歩道橋で"異空間"体験

 

Sgh01_20220719045501

深谷レポートの続きですが、大箱屋の大場さんと「とんかつ ひのき」で食事をした後、県道69号で深谷駅方面へ向かうと、桜ヶ丘という場所で年季の入った歩道橋を発見しました。

 

Sgh02_20220719045501

螺旋状の階段がカッコイイですね。そういえば、当ブログで歩道橋を取り上げるのは久しぶりな気がするなぁ。何はともあれ、歩道橋を渡ってみようと思います。

 

Sgh03_20220719045501

階段は、かなり老朽化していますね。ぼちぼち修繕工事しないと危ないレベルかも。

 

Sgh04_20220719045501

階段の喉元の様子。

 

Sgh05_20220719045501

歩道橋には必ず、製造された時期や社名が記されたプレートが張られています。サビて見えにくいですが、1976年と書いてありますね。昭和でいうと51年か。その隣には再塗装された詳細が記されていますが、1998年って書いてありますね。たった24年で、こんなにサビちゃうものなのか。

 

Sgh06_20220719045501

この歩道橋に限った話ではないですが、橋は直線ではなく、微妙に湾曲しています。

 

Sgh07_20220719045501

橋の途中に設置されている街灯は、昔に一般道路でよく見かけたタイプです。

 

Sgh08_20220719045501

上まで来ました。柵がサビている事もあって、かなりの異空間っぷりです。

 

Sgh09_20220719045601

こちら側だけ柵が高くなっていますが、こちら側は住宅街なので、目隠しになっているのかも知れないです。

 

Sgh10_20220719045601

それにしても、凄いサビだな。

 

Sgh11

柵が高いと、逆に地上から階段が見えなくて、ちょっと危ない感じもしますね。

 

Sgh12

この近くでもう一つ写真に収めたものがあるのですが、記事が長くなってしまうので、次回にご紹介します。

 

桜ヶ丘歩道橋
埼玉県深谷市桜ケ丘108