十条銀座商店街

十条銀座商店街に昭和の面影

?

Jgs01

十条駅周辺レポートの続きですが、こちらは駅の目の前にある「十条銀座商店街」。ご覧の通り比較的新しいアーケードですが、毎度のごとく、昭和の面影を探してみようと思います。

?

Jgs02

昔ながらの商店街は、ショッピングモールや総合スーパーなどの影響で全国的に寂れる傾向にあるわけですが、こちらの商店街は比較的活気があるようです。ちょっと歩いた感じでは、廃業してそうな商店は見当たりません。ところで、左手にある八百屋の2階が気になるなあ。

?

Jgs03

窓枠や手すりの感じからして、建てられたのは半世紀ほど前だと思いますが、何のお店だったんだろう。窓ガラスに貼られた赤や白の丸がビリヤードの玉ように見えなくもないですけど。

?

Jgs04

よく見ると、その脇に古い看板があります。柱や天井で大部分が隠れちゃっていますが、おそらく「ストアー ニッポンハム」って書いてありますね。日ハムのロゴマークからして、おそらく昭和40年代の看板と思われます。

?

Jgs06

?

Jgs05

幾何学的な金属外装材と雀荘看板の絡み。

?

Jgs07

こちらの食堂もきになるなあ。シャッターには休業の貼り紙があったので廃業ではなさそうです。次の機会にまた来てみよっと。

?

Jgs08

こちらの喫茶店はだいぶ前に廃業したようで、別のお店になっていました。十条レポート、まだまだ続きます。

?

十条銀座商店街
東京都北区上十条2-30 辺り