「謎フレーズ探偵」レインボーマンの替え歌 @

レインボーマンの替え歌調査

Photo_20210930090301

「謎フレーズ探偵」の記事を書く時に、いつも情報提供でお世話になっているAさんに、「レインボーマンの替え歌も調査してみたら面白いんじゃない?」と提案してもらった。


ところが、どういう訳か私は、Aさんの言う「レインボーマン」については、どんなに子供の頃の記憶を掘り返して見ても、まったく思い出すことが出来なかった。
ストーリーはおろか、主人公がどんな姿をしていたのかすら思い出せないのだ。


そこでちょっと調べてみたところ、「愛の戦士レインボーマン」は、1972(昭和47)年から1973(昭和48)年にかけて放映されていたらしく、親が私に番組を見せてくれていたとしても、当時の私はまだ幼過ぎて、内容については全く理解出来ない年齢だったということになるようだ。


で、そのことをAさんに話したところ、「俺だって内容は全く覚えていないよ」と言うではないか。
更に驚いてしまうのは、「内容どころか主題歌すら知らない」と言うのだ。


それなのになんで、「替え歌を調査してみたら?」なんて言うのかと聞いてみたところ、「替え歌というのは、子供たちの間で歌い継がれて行くもの。だから元になったレインボーマンを知らない世代でも、替え歌の方は意外と知っていたりするものなんだよ」という。


Aさんと私はたいして歳は違わない(Aさんの方が年上)。
それなのに、Aさんはレインボーマンの替え歌を知っているのに私は知らない。
そのことがどうも引っ掛かるのだが、私が忘れているだけの可能性もあるし、今回はAさんの言葉を信じて、とりあえずレインボーマンの替え歌の調査を進めて行くことにした・・・・・・。


冒頭でも少し書いたが、「愛の戦士レインボーマン」は1972(昭和47)年10月6日から、1973(昭和48)年9月28日まで放映されていた、東宝制作の特撮ヒーローものだ。
そしてその後、1982(昭和57)年には内容をマイルドにした、テレビアニメ版も制作され放送されている。


このように書くと、「内容をマイルド」という所に、引っ掛かる人もいるかもしれないが、じつは特撮版のレインボーマンは、かなり内容がどぎつく、今だったら放送出来ないんじゃないかという設定だったのだ。
ちなみに私はこのテレビアニメ版の方も、どういう訳か全く記憶にない・・・・・・。


で、替え歌の記事を書くにあたり、いつもならここで、まずはレインボーマンの元歌(主題歌)をご紹介するところなのだが、じつはAさん曰く、レインボーマンの替え歌は、替え歌とはいうものの、歌詞の原形を留めているのは、最初の「インドの山奥で」の部分だけだというのだ。
それに私もAさんも、レインボーマンの元歌(主題歌)は、リアルタイムでは全く聴いたことがないので、紹介したところで何の解説も加えられない。


Photo_20210930090401

そんな訳で今回は元歌(主題歌)は省いて、いきなり替え歌の調査を始めたいと思う。
ちなみに今回は、私の周りでは替え歌はおろか、レインボーマン自体を知っている人がいなかったので、Aさんが友人、知人などに聞いて回り、情報を集めて来てくれた。


で、まずは言い出しっぺのご本人、Aさんの覚えていた替え歌がこちら(↓)。


「替え歌 A」

インドの山奥(で)
でんでん虫かたつむ(り)
りんごは真っ赤っ(か)
かーちゃんおこりん(ぼ)
ぼーくは泣いちゃっ(た)
たぬきの立ちしょん(べん)
便所の戸が開かな(い)
インドの山奥で(冒頭へループして行く)


レインボーマンの替え歌は、基本的に繋ぎ歌になっていて、()の部分は歌わずに、歌詞を次々と繋げて歌って行く、しりとり歌になっていたのだそう。


そしてこの歌を聴いて、1つ気になったことがあった。
私はレインボーマンの主題歌を知らないのに、なぜかこの替え歌は、なんとなく聴いたことがある気がするのだ。
これはいったいどうしてなのだろう・・・・・・。


で、Aさんが言うには、上の歌詞のものが最もオーソドックスなもので、子供たちの間で、最も広く歌われていたのではないかとのことだった。
そしてこの「替え歌 A」にはバリエーションがあって、それをもう1つご紹介しておこうと思う。
それがこちら(↓)。


「替え歌 B」

インドの山奥(で)
でんでん虫かたつむ(り)
リカちゃんプレゼン(ト)
トマトはなぜ赤(い)
インドの山奥で(冒頭にループして行く)


この替え歌A、Bのように、「インドの山奥で」の次の歌詞が、「でんでん虫かたつむり」になるものに関しては、次の歌詞が「りんごは真っ赤っか」になるものと、「リカちゃんプレゼント」になるものにきれいに分かれるようだ。
ちなみに「リカちゃんプレゼント」とは、恐らく「リカちゃん人形」のことだと思われる。


で、どちらがこの替え歌の元歌だったのかについては、今となっては調べようがなく、もはやお手上げ状態なのだが、元歌からもう一方が派生して行ったことだけは間違いないだろう。


じつは調べて行くと、レインボーマンの替え歌には、いくつかの系統があって、今回ご紹介した替え歌のAとBは、そのうちの1つということになる。
そんな訳で次回は、別系統の替え歌について、調査を進めて行きたいと思っている・・・・・・。


(画像上、秋早くから咲き始めるキクイモの花。画像下、いち早く落ち始めるコナラのどんぐり。この時期のものは、緑色のうちに落下して、次第に茶色に変わって行く)