マンハッタンに超高層ウールワースビルが開業(1913年4月24日)

マンハッタンに超高層ウールワースビルが開業(1913年4月24日)

ウールワースビル建築の経緯

 ウールワースビルはニューヨーク市マンハッタン区ブロードウェイ233番地に存在する米国の初期の超高層ビルです。

 ウールワースビルは実業家フランク・ウールワースのF.W.ウールワース社の新しい本社ビルとして建築されました。ウールワースは本社ビルを新築するにあたってゴシック様式のロンドンのウェストミンスター宮殿のような建造物にしたいと考えていました。そこでウールワースは1910年にモダンで歴史的な雰囲気の超高層ビルの建築で有名な建築家キャス・ギルバートに設計を依頼しました。

 ウールワースはギルバートに大きさとしては標準的なビルの設計を依頼していましたが、近くにあった20階建て高さ110メートルのニューヨークワールドビルより高いビルを建設したいと考えるようになりました。

 ギルバートは40階建ての塔と25階建ての別館が連なった高さ170メートルのビルを提案しましたが、ウールワースは満足せず高さを190メートルにするよう求めました。これは当時マンハッタンに存在した47階建て高さ187メートルのシンガー・ビルよりも高いビルにして会社の宣伝をかねて話題を集めようと考えたからです。

 しかし、当時世界で一番高いビルは1909年に建てられた49階建て高さ210メートルのメトロポリタン生命保険会社タワーでした。ウールワースは世界一高いビルを設計するようギルバートに再要請しました。ウールワースの高さ追求の要望にギルバートは苦労しましたが最終的に57階建て高さ241メートルを設計しました。ギルバートはウールワースのゴシック様式の美しいデザインに対する拘りと、実業家の熱意に応えたのです。ウールワースビルの工事は1910年11月に始まり1912年末にはほとんど建設が終了しました。

ウールワースビル(1913年)
ウールワースビル(1913年)

 ウールワースビルは1913年4月24日に開業しました。当日、盛大なオープニングセレモニーが行われ、時の大統領だったウッドロウ・ウィルソン大統領がワシントンDCでビルの照明の点灯ボタンを押しました。ウールワースビル1913年から1930年に40ウォール・ストリート・ビルとクライスラービルが建造されるまで世界一高い建物として観光客を集めました。

【関連記事】

パリのエトワール凱旋門が完成(1836年7月29日)

エッフェル塔落成記念日(1889年3月31日)

帝国ホテル新館ライト館の落成記念式(1923年9月1日)

エンパイアステートビルがオープン(1931年5月1日)

ゴールデン・ゲート・ブリッジが建設開始(1933年1月5日)

東京タワーが初公開(1958年12月7日)

レインボーブリッジの開通日(1993年8月26日)

東京スカイツリー開業(2012年5月22日)

人気ブログランキングへ

?