アルカトラズからの脱出(1962年6月11日)

アルカトラズからの脱出(1962年6月11日)

"アルカトラズ脱出"から60年

 カリフォルニア州サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島。ザ・ロック、囚人島、監獄島とも呼ばれるこの島は古くは軍事要塞として使われましたが、1861年に軍事刑務所となり、その後1963年まで連邦刑務所として使用されました。連邦刑務所時代は凶悪犯を収容するようになり、1930年代には当時有名なギャングだったアル・カポネやジョージ・マシンガン・ケリーなどが収容されていました。

アルカトラズ島独房の換気扇の穴(左)と人形の頭部(右)
独房の換気扇の穴(左)と人形の頭部(右)

 脱獄の準備が整うと彼らは計画を実行に移しました。1962年6月11日の夜、4人はまずそれぞれの独房から脱出を図りました。モリスとアングリン兄弟は換気扇の穴から抜け出すことに成功しましたが、ウェストは換気扇の穴が補強によって狭くなってしまっていたため脱出を諦めました。脱出に成功した3人は裏の通路に出て換気口を登り屋上へと出ました。その後、換気パイプを伝わり地上に降りフェンスを2つ越えて刑務所の建物の死角にあたるアルカトラズ島の北東の海岸線にたどり着きました。ここで筏を膨らませ午後10時頃にアルカトラズ島を脱出しました。

 人形の頭部の効果もあり看守が彼ら3人の脱獄に気が付いたのは翌12日の朝でした。約10日間にわたって島の周りの捜索が行われました。kの捜索で筏の櫂(かい)、アングリンの財布、筏の残骸、救命胴衣が発見されました。3人はアルカトラズ島から北に2マイル離れたエンジェル島を目指していたはずですが、ゴールデンゲート近くの湾内は流れが激しく筏が転覆したと考えれています。救命胴衣を着ていても極寒の海に投げ出された3人がエンジェル島にたどり着いた可能性は極めて低いと結論づけられました。3人の生死はわからないまま、1年後の1963年3月21日にアルカトラズ刑務所は閉鎖されました。現在、アルカトラズ島は観光地となっており訪れることができます。

 この「アルカトラズからの脱出」は実話をもとにした映画としてドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演で製作され1979年に公開されています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ