男性は定時に帰る人よりも2時間程度の残業をして帰った方が健康と米大学研究チーム

記事まとめ

  • オハイオ州立大学の研究チームが労働時間と慢性疾患の発症に関するデータを分析した
  • 女性で、週60時間以上の勤務を30年以上している人は発症リスクが3倍になるという
  • 男性では定時に帰る人よりも、2時間程度、残業したほうが発症リスクが低くなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております