食中毒O157の原因食材はサラダのケースが多数 夏の弁当に生野菜は控えてと専門家

記事まとめ

  • 食中毒の予防として食材に付着した菌を加熱することが重要と専門家は解説する
  • 肉の生焼けはNGで、魚は表面を丁寧に洗ってから加熱するのがよいという
  • 野菜は、洗っても菌が取れないため、できれば火を通してから食べて欲しいと話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております