気になる正月太り 足腰使ったリズミカルな掃除で解消せよ

気になる正月太り 足腰使ったリズミカルな掃除で解消せよ

食っちゃ寝で太ってしまったら(Lehtikuva/時事通信フォト)

 食っちゃ寝、食っちゃ寝。おせちと酒に囲まれた幸せな寝正月が終わってみると、残ったものは、腹回りのダブつきばかり。さて、どうしよう──。

 正月明けに体重計に乗ると2~3kg増えたという経験は誰にもあるのでは。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏(医学博士)が「正月太り」のメカニズムを解説する。

「脂肪細胞の数は、身体が成長したある時点以降、生涯ほとんど変わりません。問題は脂肪細胞が、中性脂肪を取り込んでどんどん膨らむことです。正月には餅やおせちの錦卵など、炭水化物の塊だったり動物性脂肪の多い食品がズラリと並びます。脂肪や炭水化物が中性脂肪となって血管を一回りしてということを考えると、脂肪細胞が中性脂肪を取り込むまでの期間は、1~2日と考えられます。つまり、早いうちにエネルギーを消費すれば、正月太りは防ぐことができるといえます」

 では、効果的に解消する方法はあるか。『あらゆる病気は歩くだけで治る!』などの著書がある東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏が提唱する「メッツ健康法」によれば、年末にできなかった大掃除や正月にサボった風呂掃除をすることで、十分にダイエット効果が期待できる。

 メッツとはエネルギー消費の単位で、安静時での消費が1メッツ、その倍が2メッツとなる。

「『手や膝を床についての浴室磨き』は6.5メッツ、『部屋の片づけ』は4.8メッツで、『軽いランニング』の6.0メッツと比較しても、それほど大きな差はありません」(青栁氏)

 むしろ掃除などの「中強度の運動」の方が、効果が高いという。

「乳酸が溜まる手前のギリギリのところが、ちょうど細胞を最大限効率的で安全に刺激し、脂肪の燃焼効率が最も良い。運動強度が強くなると糖分が優先的に燃焼されるので、脂肪燃焼効果が落ちてきます。また、中強度の運動で体温が上がり、膵臓から分泌される脂肪分解酵素のリパーゼの活性を高めます。体温は上がり過ぎても分泌を弱めます」(同前)

 掃除を中強度の運動にするコツを、青柳氏はこう解説する。

「例えばはたき掛けでも、腕だけでパタパタやるのは低強度。足腰を使い、反動をつけてリズミカルに上下しながらやるとエネルギー消費量が上がって中強度になります。掃除機をいつも通り普通に掛けていれば低強度ですが、本体を持って掛けると中強度にもなります」

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

関連記事(外部サイト)