米・フィリップモリスの「iQOS(アイコス)」売り上げの98%は日本

米・フィリップモリスの「iQOS(アイコス)」売り上げの98%は日本

記事まとめ

  • 「iQOS」や「Ploom TECH(プルーム・テック)」などの加熱式たばこが話題沸騰
  • iQOSはイタリア、スイス、ロシアなど10カ国で販売しているが売上の98%が日本だという
  • 米・フィリップモリスのiQOSは昨年の9月に発売されると、1年間で200万台を突破した

売り上げの98%は日本! 加熱式たばこ今年最大のヒット

売り上げの98%は日本! 加熱式たばこ今年最大のヒット

iQOS(写真)は昨年の9月に発売されると、1年間で200万台以上の売上を記録した

 愛煙家の間で話題沸騰、空前のヒット商品──。たばこ業界も期待を寄せるのが、加熱式たばこだ。国内では、米・フィリップモリスの「iQOS(アイコス)」と、日本たばこ産業(JT)の「Ploom TECH(プルーム・テック)」が先行するが、12月12日には英ブリティッシュ・アメリカン・タバコが進出。「glo(グロー)」が宮城県仙台市で世界に先駆けて発売された。

 加熱式たばこは、キットに専用のたばこを差し込み、加熱する。火を使わないため灰も出ず、吐き出すのは煙ではなく水蒸気。普通のたばこと比べて有害物質も少なく、においもそれほどきつくないことなどから、愛煙家に人気だという。

 例えばiQOSは昨年の9月に発売されると、1年間で200万台を突破した。

「イタリア、スイス、ロシアなど10カ国で販売していますが、売り上げの98%が日本です」(販売元のフィリップモリスジャパンの担当者)

 記者も手に入れようと、iQOSストア原宿店に足を運んだ。朝6時すぎ、行列もなく、1番乗りかと思ったら、店頭の警備員に番号の書かれた札を渡された。121番とある。

「前に120人いるってことです。今日は5時半には80人くらい集まってたかな」

 警備員によると、整理券の配布が5時半からで、その時点で数十人は当たり前、100人以上が押し寄せるのもざらだという。整理券の枚数はその日の入荷数による。記者の前で整理券を受け取った30代の男性は、ホッとした様子。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)