SHOWROOM前田裕二が語る、「応援したくなる人」の三つの条件

SHOWROOM前田裕二が語る、「応援したくなる人」の三つの条件

前田裕二
1987年東京都生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、UBS証券株式会社に入社。2011年、UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務を経た後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エー入社。
“夢を叶える”ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げる。2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。
現在は、SHOWROOM株式会社・代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。 2017年6月には初の著書『人生の勝算』を出版、Amazonベストセラー1位を獲得。

『ブルー・オーシャン・シフト』の付録で、日本企業ケースを執筆したムーギー・キムが、同社代表取締役の前田裕二氏にその戦略を聞く対談の後編。前編ではSHOWROOMのビジネスと成長のカギとなる「共感マーケット」の概要について触れた。後編ではその「共感」を深く掘り下げ、応援したくなる人やビジネスの共通項について、ムーギー・キムが前田氏に迫る(構成:加藤年男)。

■売れるものには、それを語る場が必ずある

ムーギー:SHOWROOMでは、視聴者が「誰」であるか、バーチャル上でアイデンティティを可視化しています。それによって、ファン同士がお互いを認識できる仕組みになっていると伺いました。視聴者同士で話すこともあると。

前田:ええ、ルーム内で普通に話せますし、ほとんどの人はツイッターのアカウントを紐づけていますから、この人面白いなと思ったら、ツイッターなど外部のSNSを通じてコミュニケーションが取れます。

ムーギー:そこは重要なポイントですね。いま売れているメディアは横のつながりをつくってコミュニティを持っていることが共通項になっています。つながりたいマーケットです。

前田:そうだと思います。インタラクションの方向性には二つあって、配信者とユーザーのほか、配信者のファンであるユーザー同士のつながりも大切なんです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)