つくばエクスプレスと舎人ライナーで通勤客増加が悩みになる理由

つくばエクスプレスと舎人ライナーで通勤客増加が悩みになる理由

利用者が増え続けており、9年連続の経常黒字となったつくばエクスプレスだが、通勤・通学時間帯に利用者数が偏っているため、投資効率は悪い。首都圏の鉄道事業者はおおむね、似たような悩みを抱えている

想定を上回る利用客増に沸く「つくばエクスプレス」と「日暮里・舎人ライナー」。しかし、悪化する混雑率緩和のための増発が設備投資額の膨張を招いており、決して手放しで喜べる状況にはなっていない。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

■利用客が想定を上回り続ける業績好調のつくばエクスプレス

 秋葉原とつくば学園都市を結ぶ「つくばエクスプレス」を運営する首都圏新都市鉄道は、6月8日の2017年度決算発表で9年連続の経常黒字達成とともに、最大で240億円に達した累積損失を解消し、初めて利益剰余金を計上したと発表した。

 当初計画で2025年度を見込んでいた単年度黒字化を大幅前倒しして2009年度に達成し、ここ10年で3400億円以上もの返済も進めた。沿線自治体や建設を担った鉄道・運輸機構に対する債務が7000億円近く残っており、決して楽観できる状況ではないものの、近年新たに開業した鉄道路線としては珍しく、予想以上に好調に推移していると言えるだろう。

 つくばエクスプレスは2005年8月に、6両編成30本(計180両)の車両で、朝ラッシュ時間帯のピーク時は1時間16本運行の体制で開業した。しかし、すぐに利用者が増加しはじめたため、2008年に4編成24両の車両を増備し、ピーク時は1時間20本に増発した。2012年にはさらに3編成18両の車両を増備し、ピーク時に1時間22本まで運行本数を増やすとともに、駅の混雑を緩和するために南流山駅や秋葉原駅の改良工事を実施している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)