断酒歴2年の筆者から見た「飲み会」のモヤモヤ

断酒歴2年の筆者から見た「飲み会」のモヤモヤ

お酒を飲まない人が見た飲み会とは? Photo:PIXTA

■酔っ払っていない時間が1日3時間しかなかった日々

 以前、ダイヤモンド・オンラインで「酒豪の筆者が、酒をやめて気づいた10のこと」にも書いたことがあるが、筆者は現在、断酒している。前に執筆した記事では、誰もがとっつきやすく読めるようにするため、壮絶なことは詳しく明かさなかったが、筆者はアルコール依存症と診断され、2度もすい臓を壊して入院した。

 一時期は、気絶するまで飲んで寝て、しかも朝起きてすぐ飲むために、常に枕元にお酒を置いておく、というところまでいってしまっていた。1日に、酔っ払っていない時間は2〜3時間ほどしかなかった。そんな筆者が断酒を始めて、そろそろ2年4ヵ月になる。

 声を大にして言いたいのは、お酒をやめてからの人生のほうが充実している、ということである。自分で言うのもなんだが、お酒をやめる前よりも、原稿の質が上がったし、企画もさえている気がする。生活が落ち着き、気分の浮き沈みも以前より安定してきたように思う。

 なぜ、そんなことを強調するかというと、以前に書いた記事はもう2年以上も前のものであるにもかかわらず、いまだに定期的に感想のメッセージやメールをいただくことが多いからだ。お酒に悩んでいる人、大切な人がお酒に苦しんでいることに心を痛めている人。そういう方は、ぜひ勇気を出して専門医に相談してほしい。人生は何度でもやり直せる。これは本当だ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)