「一生懸命やりましたが、目標未達です」病は、こう治す!

「一生懸命やりましたが、目標未達です」病は、こう治す!

「一生懸命やりましたが、目標未達です」病は、こう治す!の画像

優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

■細かな「作業」を指示してはいけない!

 仕事上司やリーダーでなくても、後輩やプロジェクトメンバー、仕入先などに仕事を依頼することがありますが、5W2H(なぜ、いつ、どこで、誰が、何を、どうやって、いくらで)で依頼内容を確認しているかもしれません。

 しかし、5W2Hで仕事の依頼がすむのは、仕事内容の理解と達成方法があなたと同じレベルかそれ以上の場合だけです。

 あなたの当たり前と、部下・後輩の当たり前は違います。

 では、どんな指示が最適なのでしょうか。これにはちょっとしたコツがあります。アウトプットを示したうえで、具体的な「How(どうやるか?)」を伝えるのです。

「How(どうやるか?)」はどうすればうまくいくかという「作戦」でもあります。ただ実際は「What(何を?)」を細かく指示しがち。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)