ミニマリストの部屋は運がいいのか、悪いのか? インテリア風水で間違いやすい2つのこと

ミニマリストの部屋は運がいいのか、悪いのか? インテリア風水で間違いやすい2つのこと

荷物だらけで散らかっている部屋よりも、ムダなものが何ひとつない部屋のほうが運気が上がりそうだけれど、実際のところはどうか?

風水で部屋づくりを……となると、
「何か縁起のいいものを置けばいいのではないか」と考えてしまいがち。
ですが、大事なことは「ラッキーアイテムをたくさん並べる」ことではありません。
一方、「モノの多い部屋は運気を下げそうだから、いらないものは全部捨てて、
何もない部屋で暮らすほうがいいのでは?」と考える人も。
さて、本当の意味で「運のいい空間」は、どちらなのでしょうか?
『絶対!運が良くなる インテリア風水』著者・李家幽竹先生に
アドバイスをいただきました。(まとめ/編集部)

■「いい空間」は引き算から

家はあなたの運のベースであり、運をためておく場所でもあります。

本当の意味で「運のいい人」になりたいなら、
まず自分の住んでいる空間に常に気を配り、
手をかけて整えていく必要があるのです。

「インテリアに気を配っているつもりなのに、運気が上がらない」という方がいます。
そういう家は、「足し算」ばかりしているのかもしれません。

運のいい空間をつくりたいと思ったときに、
多くの人がまず考えるのは、「運をよくするためのアイテムを置く」ことです。

「西に黄色いものを置く」「パワーストーンを置く」というように、
空間に何かをプラスすることで運を上げていくという
「足し算の風水」が広まったことが大きく影響しているのかもしれません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)