漫画『大奥』が描く男女逆転の世界、キャラ立つ女将軍らに釘付け

漫画『大奥』が描く男女逆転の世界、キャラ立つ女将軍らに釘付け

(写真はイメージです)Photo:PIXTA

【おとなの漫画評 Vol.3】
『大奥』よしながふみ
既刊15巻 2018年8月現在 白泉社

 徳川幕藩体制下、男が奇病によって激減し、女がすべての要職を占めた江戸城の権力模様を描く漫画である。歴史改編SFの大長編コミックだ。白泉社の隔月刊誌「MELODY」に2004年8月号から連載され、単行本第1巻は2005年10月に刊行されている。

 2010年には映画化され、その2年後にはテレビドラマと映画の続編も公開されている。単行本第1巻発売からすでに13年、映画第1作公開から8年も経っており、すでに物語は終わっているような気分かもしれないが、じつは雑誌連載は現在も続き、単行本の刊行も続いている。

 隔月刊誌の連載なので、間隔が長い。なかなか単行本にまとまらない。単行本の刊行は13年間で15巻だから1年間に1.15冊の超ゆっくりペースだ。ふつうならば物語の展開を忘れてしまう。

 しかし、『大奥』は物語の展開を忘れることはない。なぜなら、徳川時代の史実を追っているからである。架空の人物も登場するが、要人は実名で出てくる。ただ、男女が逆転しているのである。名前がそのままで男女が逆転しているので、そのディストーション(歪み)で目が覚める。

■奇病で若い男性だけが激減、家光の時代から将軍が「女」に

 第1巻は、男女逆転の発端から始まる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)