本田圭佑選手の元専属分析官が南米と欧州で手にした サッカーで年齢やスキルの壁を越える「武器」

本田圭佑選手の元専属分析官が南米と欧州で手にした サッカーで年齢やスキルの壁を越える「武器」

オランダ1部リーグ・SBVエクセルシオールのチーム集合写真。下段左から2番めが白石尚久氏(42歳)。
写真を見るとわかるが、チームにアジア人は彼1人だけだ。

今夏よりオーストラリア1部リーグ、メルボルン・ビクトリーに移籍したサッカー・本田圭佑選手の専属分析官(アナリスト)として、先月まで本田氏と行動をともにし、彼個人の、”戦術参謀”的な役割を担っていた男がいた。白石尚久(たかひさ)氏(42歳)である。

現在は、本田氏とは別の道を進み、オランダの1部リーグ・SBVエクセルシオールで、アシスタントコーチ/テクノロジーストラテジストとして、新たなキャリアをスタートさせた。
チームのなかで、アジア人は白石氏しかいない。

世界で活躍するサッカー指導者である白石氏だが、
そのキャリアのスタートは18歳と、驚くほど遅い。

部活動未経験で、大学の体育会サッカー部にさえ入れなかった彼は、
18歳で単身アルゼンチンに渡り、育成選手からコツコツとキャリアを積み上げていく。

そして、36歳の時にアジア人で初めて欧州1部リーグの監督(スペイン女子)に就任。
41歳でACミラン、パチューカ所属の本田圭佑選手(日本代表)の専属分析官になった。

このような異色のキャリアを持つ白石氏が、南米、ヨーロッパと渡り歩いて実感したことは、
「世界で戦うためには、極論すれば、スキルよりも大事なものがあった」ということだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)