運のいい家にしたいなら まずは●●をきれいにしなさい

運のいい家にしたいなら まずは●●をきれいにしなさい

運のいい家にするためには、まずはどこをきれいにすればいいのでしょうか?

「インテリア風水」というと、部屋の模様替え、家具選びや置き方、リフォーム、引っ越しなどを想像してしまいますが、何をどこにどう置くかを考える前に、大事なことを押さえておく必要があります。

家の中には「よい気」と「悪い気」が入ってきます。では、2つの「気」を取り込む、もしくは逃がすためにするべきことは何でしょうか?してはいけないことは何でしょうか?

さっそく『絶対!運が良くなる インテリア風水』著者・李家幽竹先生に教えていただきました。
(まとめ/編集部)

■死んだ「気」を外に出して、新しい「気」を呼び込む

家の中に入ってくる気には2種類あります。

ひとつは、運気を上昇させるよい気。これを「旺気(おうき)」といいます。
一方、運気を下げる悪い気を「さっ気」と呼びます。

旺気もさっ気も、ある程度時間がたつと生命力が衰え、
死んでしまいます(これらを「衰気」「さっ衰気」と呼びます)。

これらの「死んだ気」は、通常、窓やキッチンから出ていきますが、
家の中の風通しが悪いと、気が動かないので、
家の中にどんどんたまっていってしまいます。

よく、旅行などで1週間ほど家を空けると、
帰ってきたときに気が淀んでいるように感じることがあると思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)