東京海上は4800万円!有名企業の退職金実額を初公開【銀行、証券、生損保編】

東京海上は4800万円!有名企業の退職金実額を初公開【銀行、証券、生損保編】

Photo by Keisuke Yamaguchi

銀行、証券、生損保
銀行員は出世が全て 3メガより生損保が得?

 銀行員といえば高給取りのイメージをお持ちかもしれないが、それは出世した場合に限る。昇格できなければ、同期との間に圧倒的な年収格差が生じてしまい、それは退職金でも同じだ。メガバンクであっても非管理職のまま銀行員人生を終えたら、退職金額は2000万円に達しないケースがあるという。

 出世のハードルが特に高いのがバブル世代。再編が繰り返されて3メガバンクに集約された結果、ポストが大幅に減ったにもかかわらず、大量の同期がいるためだ。逆に、就職氷河期世代は人数が極端に少ないために出世しやすく、退職金積み上げには有利に働きそうだ。

 生損保の両雄は退職金額も別格。日本生命は「5年ほど前に退職金制度が改定されるまで本社の課長級が6000万円前後もらっていた」(現役社員)との情報があり、驚くほかない。東京海上日動も部長級で4000万円台が期待できる。生涯賃金で考えると、3メガより大手生損保に軍配が上がりそうだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)