メールに親しみを加える 「英語の結び言葉」とは?

メールに親しみを加える 「英語の結び言葉」とは?

メールに親しみを加える 「英語の結び言葉」とは?の画像

日本語でも悩むメールがスラスラ書ける! 総合商社で磨き抜かれた「生きた英語」とは?
「値下げ要求をスマートに断りたい」「代金の未払いをやんわりと伝えたい」「商品をさりげなく売り込みたい」。あなたならどう書きますか?
三井物産の商社マンとして、約40年間、第一線で活躍し、退職後は慶應義塾大学、早稲田大学のビジネススクールで教鞭をとる定森氏の新刊、『人を動かす英文ビジネスEメールの書き方ー信頼と尊敬を勝ちとる「プロの気くばり」』から、内容の一部を特別公開する。

■結辞(結びの言葉)をマスター!

 本日は、英文メールの結辞(結びの言葉)について、お話しします。

 敬辞に比べると、結辞はフォーマルな度合いがかなり低くなります。Sincerely yours, Yours faithfullyのようなフォーマルな表現はあまり使われません。初めてメールを送る相手や、社内外を問わず「目上」「特別の存在」にあたる相手には、Sincerely だけで十分でしょう。

 2度目以降もMr./Ms.+ラストネームを使う相手に対する結辞は、Sincerelyの代わりにBest regards, Best wishes, Regards などが多く使われます。

 Respectfullyは、官公庁に対する許認可申請ではよく使いますが、よほど敬意を示すにふさわしい場合でない限り、違和感があります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)