新人でも上司が動いてくれる 伝え方とは?

新人でも上司が動いてくれる 伝え方とは?

新人でも上司が動いてくれる 伝え方とは?の画像

テレビCMの長さは通常15秒です。人は、他人の話を聞いて、覚えているのはキーワードのみ。ですから、ひとつのメッセージは15秒以内に、そして最初から、伝えたいキーワードを決めて話す。これを知っているかどうかで、仕事のパフォーマンスが違ってきます。
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊『相手のキャラを見極めて15秒で伝える!』から、内容の一部を紹介します。

■上司が動いてくれる新人がやっていること

Q.営業で上司に同行をお願いしたい!

× 「お客様のアポに同行していただけませんか?」
○ 「大きな契約を狙えるアポへの同行お願いします」

 仕事で上司を動かしたい場合があります。
 人を動かす必要があるのは、何もリーダーやマネジャーだけではありません。
 人を動かす立場になったからその必要性がでるのではなく、そもそも人を動かすことが上手い人がリーダーやマネジャーに抜擢されるのです。

 だから、人を動かすための伝える技術は、新人の頃から身に付けるべきです。

 以前こんなことがありました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)