金足農の侍ポーズも「刀狩り」、甲子園に厳しい規制は必要か

金足農の侍ポーズも「刀狩り」、甲子園に厳しい規制は必要か

大会本部は「支配者」の姿勢を改め、たとえ負けても悔いのない美しい思い出を残してあげることに、全力を尽くすべきではないだろうか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

夏の甲子園、第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭(北大阪)の史上初となる2度目の春夏連覇や準優勝した金足農(秋田)の躍進、初のタイブレーク方式の適用、史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打、総入場者数が初の100万人突破など、さまざまな話題で盛り上がった。一方で、大会本部が選手らのパフォーマンスなどに横やりを入れ、ネットで炎上する騒動も。なぜ大会本部はこうも「規制」したがるのか。(ジャーナリスト 戸田一法)

■夢かなったが「めっちゃ怒られた」

 全国紙の運動部デスクによると、今回は記念大会だからか、大会本部には開幕前からピリピリした雰囲気が漂っていたという。運動部デスクは「例年そうだが、今回は特に『つつがなく進行させ、無事に終わらせたい』という意向がうかがえた。選手らには窮屈な大会になりそうだなと感じていた」と話す。

 運動部デスクの懸念は、開幕前にすでに的中していた。

 7月31日の出場校による甲子園球場見学会で、白山(三重)の川本牧子部長が打席に立ち、バットを手に豪快にエアスイング。東拓司監督や選手たちから「先生。打って、打って」とリクエストされ、いったんは固辞したものの、その優しさに応じたほほえましいワンシーンだった。

 川本部長は少年野球チームの監督だった父親の影響で野球を始めたが、中学以降は女性であるため野球部に入れず、中学・高校はソフトボール部員だった。そんな川本部長にとって、甲子園は“あこがれの地”。その経緯を知る監督や選手が、甲子園の「打席」をプレゼントしたのだ。

 しかしその後、大会本部に制止され、注意を受けた。川本部長は「めっちゃ怒られた。『打席は部長先生でも立ってはダメです』って」と肩をすくめていたという。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)