メルカリ、赤字拡大で株価急落でも「元凶」の事業に投資を続ける理由

メルカリ、赤字拡大で株価急落でも「元凶」の事業に投資を続ける理由

上場初日に付けた最高値となる6000円を超える日は来るか(写真は山田進太郎会長) Photo:REUTERS/アフロ

メガベンチャーの赤字を、投資家はどこまで我慢できるのか──。

 フリマアプリ大手メルカリの株価がさえない。8月9日に上場後初となる決算で赤字拡大を発表して以降、大きく値を下げている。

 ユニコーン企業(推定企業価値10億ドル以上の有望ベンチャー)として期待を集めるメルカリは、6月の上場初日に6000円の最高値を付け、その後の株価は4000円台半ばで推移していた。

 しかし、8月9日の決算発表を境に株価は急落。8月21日には上場来最安値となる3715円となり、決算発表直前の4735円から2割以上も下落した。

 株価急落の“元凶”となった2018年6月期の売上高は357億円で前年同期から62%伸びたものの、最終赤字が同42億円から70億円へと拡大してしまった。

 さらに混乱に拍車を掛けたのが、今期の業績見通しを非開示にしたことだ。加えて山田進太郎会長が、「現在は成長を目指すフェーズ。いつまでに黒字化するかは明言できない」と語ったことで、市場に失望感が広がったとされる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)