米マイクロソフト本社で、 「効率的な働き方」を取材してきた

米マイクロソフト本社で、 「効率的な働き方」を取材してきた

米マイクロソフト本社で、 「効率的な働き方」を取材してきたの画像

今や合計100万人以上が訪れる「働き方改革」の聖地として有名な日本マイクロソフト。シアトル郊外にあるアメリカ本社では、社員はどのように働いているのだろうか。3000人以上を取材してきたブックライターの上阪徹氏がアメリカ本社に足を踏み入れ、新しい発想を生み出すオフィス環境から、現地で働く人たちのフレキシブルなワークスタイルまで取材。株価最高値を記録するマイクロソフトの好調ぶりを支える、マイクロソフト流ワークスタイルとは?上阪徹氏の新刊『マイクロソフト 再始動する最強企業』から、内容の一部を特別公開する。

■単なる「Windows」「Office」の会社ではない

「もしかすると日本では、マイクロソフトという会社が本当の意味で理解されていないのではないか」

 先にマイクロソフトという会社の印象が大きく変わった話を書いたが、そのときに感じたのが、こんな思いだった。

 もちろん、知っている人は知っている。すでに触れたように、テックイベントなどでは、数千人もの人たちが押し寄せていたりするのだ。

 ウェブサイトで検索してみても、「マイクロソフトはすごい」という情報はたくさん目にすることができる。しかし、それは検索したら、の話である。

 アメリカでは、それこそ時価総額で常にベスト5に入っている会社。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)