「お見送り」だけでお客さまが急増した ある歯医者さんの話

「お見送り」だけでお客さまが急増した ある歯医者さんの話

歯医者を選ぶ基準は「技術」だけではない

プルデンシャル生命2000人中1位の成績をおさめ「伝説のトップ営業」と呼ばれる川田修氏が、あらゆる仕事に通ずる「リピート」と「紹介」を生む法則を解き明かし、発売たちまち重版が決まった話題の新刊『だから、また行きたくなる。』。

この記事では、本書のキーメッセージであり、選ばれるサービスの条件「レベル11」を実践する、ある歯医者さんのエピソードを特別掲載する。(構成:今野良介)

■あなたが歯医者さんを選ぶ「基準」は何ですか?

「川田さん、患者さんをもっと増やす方法はないでしょうか?」
ある歯医者さんから、そんなご相談を受けたことがあります。
私はそのとき、こういう提案をしました。

「先生は無理かもしれませんが、すべての患者さんをスタッフの方が外までお見送りしたらどうでしょうか。きっとお客さまが増えると思いますよ」

歯医者さんでは、普通、カウンターに座っているスタッフの方が「お大事に」と言って送り出して、それで終わりですよね。これが、私の歯医者さんに対する「レベル10」でした。

(※「レベル10」「レベル11」とは、『だから、また行きたくなる。』のキーメッセージ。お客さまが「普通だな」と感じるサービスが「レベル10」、それをほんの少し超えてお客さまの心を動かすサービスが「レベル11」です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)